お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

絶対言えねぇ……! 「彼女のメイク」に対するカレの本音12

ファナティック

なんとなく気にはなっているものの、下手に指摘をしてもめたり気を悪くさせてはいけないと思っているために言えない彼女のメイク。でも、本当のところ言いたいことは色々あるのではないでしょうか? そこで今回は、思い切って男性に彼女のメイクで気になっていることや思っていることはないか聞いてみました。

ナチュラルメイクにして

・「ナチュラルメイクが好きなので、もっとナチュラルにしてほしい」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「流行りのメイクを取り入れつつ、薄めのナチュラルメイク」(34歳/電機/技術職)

彼女のメイクが濃い……ということでしょうか? ナチュラルメイクが好きな男性はやはり多いようで、彼女にもそうしてほしいと思っている方が多いようです。ナチュラルメイクの方が簡単に見えて難しいんですけどね。

メイクをして

・「化粧をしない性格だから、化粧でもしてほしい」(39歳/機械・精密機器/その他)

・「いつもすっぴんなので、たまにはナチュラルメイクでいいからしてほしい」(37歳/情報・IT/技術職)

すっぴん派の彼女に対しては、少しでいいからメイクをしてほしいと感じている彼氏もいます。確かに好んでメイクをしない女性はいますよね。

つけまはしないで!

・「つけまつ毛はけばくなるからしなくてもいいと思ってしまう」(26歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

・「つけまつ毛をしないほうが絶対にいい」(31歳/不動産/事務系専門職)

つけまつ毛に対してあまりよい印象を持っていない男性もいるようです。中には眼球への負担や影響を心配して、つけないほうがいいのではないかといった声もありました。

アイメイクは控えて

・「目が気になるせいか真っ黒になっているのでしない方がいい」(30歳/情報・IT/営業職)

・「目がパッチリしてるんだからアイメイクは薄いほうがいい」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

アイメイクは濃すぎるのはちょっと、という声もありました。目の周りを黒いアイライナーなどでぐるりと囲うようなパンダメイクは特に不評なようです。

ファンデが肌の色にあってない

・「もうちょっと首と顔の色の差がわからないようにしたほうがいい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「色白の清潔感ある色のファンデーションがオススメ」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

彼女のファンデーションの色選びが間違っている場合や、トーンがあっていない場合でも、彼氏は意外と気になっているようです。季節ごとに肌に合っているかどうか確かめるようにした方がよさそうですね。

文句なし

・「文句は無いです。完璧すぎてこれ以上求めません」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「彼女のメイクに対しては不満がないので、もっとこうしたほうがいいと思うことはない」(37歳/情報・IT/技術職)

彼女のメイクには全く問題はないと答えた男性もいました。このような褒め言葉は、ひそかに思っているだけではなく、ぜひとも彼女に伝えてあげてほしいなと思いますね。

まとめ

多くの男性は、彼女にナチュラルメイクを求めている傾向にあるようです。濃いメイクよりも、彼女自身のかわいさや美しさを生かしてほしいと考えている男性が多いようです。とはいっても、ナチュラルメイクは決して薄いだけの手抜きメイクとは違いますので、決して簡単なものではないでしょう。しかし、そういったメイクが個のみだという男性も多いので、一度徹底的にナチュラルメイクを研究してみるのもよさそうですね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月12日~10月24日
調査人数:126人(22歳~34歳の男性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]