お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

……ぐで~ん。。 わかっているのに直せない「ダメダメ女子力」6つ

ファナティック

女子力とは、いい意味での女性らしさがあること。自分の行動によって上がったり下がったりしますよね。今回はその逆の、わかっているけど直せない「ダメダメ女子力」を調査。女子力低下の原因とは?

疲れたら……

・「疲れてたら髪を洗わないで寝ちゃうこと」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「仕事で疲れて帰ってきたらお風呂も適当に入って、ボディケアもせず寝てしまうこと」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

疲れている時は、お風呂にさえ入るのがおっくうになりますよね。

あぐら

・「あぐらをついかいてしまう、くしゃみがかわいくない」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「あぐらをかいて座っているのが楽」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

あぐらは行儀が悪い・モテないというイメージが強いですよね。

ファッション

・「スカートがきらいでパンツばかり履いてしまうこと」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「パンプスを履いたほうがかっこよく見えるし、スカートもタイトスカートだとかっこいいけど、楽なことを優先して、フレアスカートやスニーカーを履いてしまうこと」(34歳/金融・証券/専門職)

スカートやワンピースを着ればそれだけでも女子力が高く見えますよね。

家事

・「料理は好きだけど他人に教わろうとしないから伸びない」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「料理とか洗濯とか掃除とかが面倒くさい」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

料理や洗濯、掃除など「家事力」があるほうが、女子力が高いと思われているようです。

メイク

・「メイク。できる限りメイクはしたくありません。一番の理由は面倒だからかな」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「メイクが面倒で、早起きして頑張ってしっかりとメイクできていない」(29歳/ソフトウェア/技術職)

メイク=女子力に結びつくとは限りませんが、外見に気を遣っているという意味では女子力が高いのかもしれません。

部屋着

・「休みの日は1日パジャマで家で過ごすこと」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「休日に、部屋着から着替えることなく、家から1歩も出ないこと。そういうときは女子力0だけれど、リラックスできるので止められない」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

休みで外出する予定のない日は、ノーメイク&部屋着で過ごす人も多いのでは? だからといってダメなスタイルではないですが、女子力が低下していると自分自身では思っているようです。

まとめ

日々「女子力」ばかり意識していると、無理をしすぎて疲れてしまうことも。あまり無理せずに自分らしく輝きたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月14日~10月25日
調査人数:150人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE