お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ひゃっほう♪ 男が心から「独身でよかった!」と思う瞬間6つ

ファナティック

彼氏がいつまでも結婚話を持ち出さないのは、独身生活で得られる「メリット」が関係している場合も……。そこで社会人男性に「独身でよかった!」と思う瞬間のことを尋ねてみました。彼氏が普段こんなことを言っていたら、結婚の望み薄!?

長期旅行や趣味に時間を割けること

・「休みにぶらっと長期旅行に行くとき。パートナーがいたらスケジュール的にまず無理で、小さい子どもがいたらなおさらだから」(32歳/その他/その他)

・「子どもができて自分の趣味などの時間を取れない友人を見たときに思います」(29歳/学校・教育関連/その他)

夫婦になると財産も共有になれば、時間も共有に。自分のためだけに時間とお金をふんだんにつぎ込めるのは、独身ならではのぜいたくですよね。

給料をどう使おうと自分の自由

・「誰にも相談すること無く大きな買い物ができること。お金を自由に使えるのは独身ならではだと思う」(32歳/マスコミ・広告/営業職)

・「給与を好きなように使うことができる。結婚すれば家庭を持ち、そこへ給与を入れ、生活資金を回さなければならないから」(27歳/その他/その他)

結婚すると給料は自分ではなく「家族のもの」になりますが、独身なら全部「自分のもの」。どこにどの位使おうが誰にも文句を言われません。

夜何時に帰ろうが、誰にも怒られない

・「飲み会の席とかで、奥さんから早く帰ってこいの連絡が来てる人」(30歳/情報・IT/その他)

・「夜何時に帰ろうが何を食べようが何を買おうが誰も文句を言わない」(25歳/その他/販売職・サービス系)

好きなだけ酔いつぶれても、毎日午前さまでも誰からも文句を言われないのが独身生活のいいところ。職場の人との人間関係も、お酒のおかげで円滑に?

堂々と合コンに参加できる

・「合コンに行って、かわいい女の子と出会って仲良くなれること」(29歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「素晴らしい女性とコンパで同席したとき。一応権利はある」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

相手から気に入ってもらえるかは別として、すてきな女性と出会い「彼氏候補」として名乗りを上げられるのは独身のみ。この権利は手放しにくい!?

離婚前後の泥沼劇を見て、独身の有難味を知る

・「子どもがいる夫婦がドロドロの離婚をしたと知ったとき。妻を失う、子どもを失う、養育費でお金も失うと踏んだりけったりだから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「周囲の友人が離婚前後で悩んでいる姿を見たとき」(32歳/運輸・倉庫/その他)

独身生活のありがたみを最も感じられるのが、既婚者の離婚前後の泥沼劇を見たときかもしれませんね。「平和な暮らし」は何にも代えがたい幸せ!

人に見せられない姿でも堂々とできる

・「猫まんまのような人前で食べられない料理を平気で食べられる」(29歳/情報・IT/その他)

・「誰に気を使うことなく全裸で家を歩けるとき」(33歳/その他/販売職・サービス系)

人前では絶対できないような姿も、平気でさらせるのが独身生活の醍醐味ですよね。これができるだけで自由の幅がグンと広がる?

彼氏が上記こだわりを手放せないタイプだと、「婚期が遅れそうな予感……」がムンムンしてきますよね。2人で生きていくことの素晴らしさやメリットを強調して、こんな「独身のメリット」はなるべく早く忘れてもらうしかない!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数208件。25歳〜34歳の未婚の社会人男性)

※この記事は2016年11月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE