お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ニヤリっ!! デートの翌朝、彼女にされたい6つのこと

ファナティック

恋人とお泊まりデートを楽しむには、夜の時間だけでなく、次の日、目覚めたときのことも考えておいたほうがいいかもしれませんね。男性がお泊まりデートの翌朝、彼女にしてもらいたいことをまとめてみましたので、お泊まりデートのときに参考にしてみてください。

1.起こしてくれる

・「彼女に、朝寝てたら起こしてもらいたい」(24歳/運輸・倉庫/営業職)

・「やさしく耳元で囁きながら起こしてほしい」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

できればお泊まりデートの翌朝は、彼女にやさしく起こしてもらいたいという男性も。寝ぼけながら彼女に甘えることもできそうですものね。

2.目覚めのキス

・「目覚めのキス。幸せな感じがするのがよい」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「朝のキスをしてほしい。やさしく起こしてほしい」(32歳/金融・証券/専門職)

起こすときは、彼女から目覚めのキスをしてほしいと願う男性の意見も見られました。どれほど寝起きが悪い男性でも、彼女からキスをされると、ご機嫌になるのでは。

3.コーヒーを入れてくれる

・「コーヒーを入れてもらう。いい目覚めになる」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「コーヒーを入れてくれたり、ご飯作ってくれたらうれしい」(29歳/情報・IT/営業職)

朝目覚めたときにコーヒーの香りがすると、気持ちよく起きることができるもの。無理やり起こすのではなく、香りで起こしてもらえると、頭もスッキリしそうですよね。

4.朝食を作ってくれる

・「朝食を作ってもらいたい。家庭的な幸せな気分に浸りたいから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「朝ご飯を作っておいてほしい。なんかうれしいから」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

お泊まりデートのときは、彼女に朝食を作ってもらいたいと望む男性は、とても多いようです。彼女がキッチンに立っている姿を見るだけで、幸せを感じるのでしょうね。

5.「おはよう」と言ってくれる

・「かわいく『おはよう』と言ってもらえればそれで十分です」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「笑顔で『おはよう』と言ってほしい」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

特に何をするわけでもなく、ただ笑顔で「おはよう」と言ってくれるだけで、男性はうれしく感じるのかもしれませんね。

6.家事をしてくれる

・「先に起きて、服などを片づけしてほしい」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「掃除や朝ご飯の用意などをバタバタとやってくれるとうれしい。結婚後のイメージがわきそう」(32歳/学校・教育関連/専門職)

自分が目覚める前に、家の掃除や片づけなどをしてくれているとうれしいと思う男性も。掃除機をかける音で目覚めるのも、幸せを感じそうですものね。

まとめ

確実に男性のハートを掴みたいと思うなら、やはり朝食を作ってあげるのがいいのではないでしょうか。まな板を叩く音と味噌汁の匂いで、ほとんどの男性は気持ちを鷲掴みにされそう。ぜひお泊まりデートの翌朝に試してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月30日~11月1日
調査人数:100人(22歳~39歳の働く男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE