お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

これだから女は……!! 夫の不満がたまる「妻の行動」6選

ファナティック

もともとちがう環境で育った2人が、ともに生活していくのが結婚。生活習慣や価値観など、ちがいがあって当たり前ですよね。ときにはパートナーにイライラさせられる行動もあるようです。どんな行動に不満を持つのか、既婚男性のみなさんに意見を聞いてみました。

外出のときの準備が遅い

・「出かける時間に準備ができていなくて、出発が遅れる」(34歳/電機/技術職)

・「出かける前になかなか用意をせずギリギリになって用意をするので慌ただしい」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

多かったのは「出かける前の準備が遅い」という意見でした。女性はメイクなどで身支度に時間がかかるので、イライラする男性は多いよう。早めに準備ができるような余裕を持ちたいですね。

買い物の時間が長い

・「一緒に買い物に行くとなかなか帰れない」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「一緒に買い物に行くときに、買い物の時間が長すぎる」(35歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

男性から女性への不満としてよく挙げられるのが「買い物の時間が長い」という意見。何を買うにしても、いろいろなお店を見てから決めたいですよね。でも男性にはなかなか理解してもらえなさそうです。

節約をしない

・「ちょっとした節約をしないで、無駄金をたくさん使うところ」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「こまめな節約ができないところを見るとちょっとイライラする」(34歳/その他/その他)

「節約をしない」ところにイライラする、という意見もありました。節約意識がお互いに違うと、イライラの原因になってしまうようです。電気のつけっぱなしや水の出しっぱなしなどは気をつけたいですね。

小さなことでイライラする

・「すぐにイライラして、自分の言いたいことをなんでも言う」(33歳/運輸・倉庫/技術職)

・「小さなことですぐイライラするところ。子どもの前でも怒鳴り散らすところ。子どもに悪影響だと思うのでやめてほしいです」(36歳/電力・ガス・石油/その他)

「小さなことでイライラする」ところを見て自分もイライラする、という意見も。お互いにイライラするのは避けたいですよね。せめて子どもの前では、イライラを見せないように抑えたほうがよさそうです。

優柔不断で決められない

・「優柔不断な行動。決断力がなく自分で判断できない」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「なかなか判断せずに決め兼ねているところ。時間が無駄だと思ってしまう」(35歳/電機/技術職)

食事のメニューや洋服選びなどでなかなか決められないと「優柔不断でイライラする」という男性は多いようです。とは言っても、どちらがいいか悩んでしまうことはありますよね。それくらいは大目に見てほしいかも……。

会話が成立しない

・「会話が成立しないこと。同じ質問を繰り返される」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「話が論理立っていなくて、会話のキャッチボールが成立しない」(39歳/学校・教育関連/その他)

「会話が成立しない」ことにイライラする、という人も。「話が論理立っていない」は男性ならではの意見と言えそうですね。男性が理詰めで会話するのに対し、女性は感情の部分を大事にするので、会話がかみ合わないこともあるかもしれません。

まとめ

夫の不満がたまる妻の行動について、既婚男性のみなさんからさまざまな意見が集まりました。主に女性と男性の考え方のちがいが、イライラさせられる行動につながっているようです。お互いにイライラしないためには、お互いの考え方のちがいを理解し、受け入れることが大事と言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月17日~10月18日
調査人数:171人(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2016年11月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE