お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう愛せないかも……! ドン引きした彼氏の寝姿6パターン

ファナティック

お泊まりデートでは普段見られない彼氏の「素」を見られるチャンス。ただその素が「思っていたよりイケてないこと」は当然覚悟しておくべきかも!? 社会人女性に思わずドン引きしてしまった彼氏の寝姿・寝起き姿とはどんなものだったか、聞いてみました。

うつぶせ寝は色々心配

・「まっすぐのうつ伏せ状態。息してないんじゃないかと思った」(34歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「少し下向きに横を向いて寝ていて、頬が地面から押されてぶちゃっとした顔になっていたとき」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

息が苦しくないのかとか、ぶちゃ顔が癖にならないのかとか、見ていて心配になる彼氏のうつぶせ寝。初めてこれを見たらビックリしそうですよね。

無意識で服を脱いでいるとき

・「暑いときに無意識にズボンを下着ごと脱いでたとき。なぜか上着は着たまま……」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「普通にパジャマ着て寝るのに起きたら丸裸」(30歳/その他/その他)

どうしたらそんなことができるのか、寝ながら次々と服を脱いでいく彼氏も!? 「人は無意識でも色んな事ができるんだな」なんて妙に感心してしまいます。

寝ながら何か食べている彼氏

・「寝ぼけているのか何なのか、鼻くそをほじって食べた」(29歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「何かものを食べているようなぴちゃぴちゃさせる人」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

夢の中で何か食べているしぐさ……ならまだ理解できても、鼻くそを寝ながら食べられるとドン引きしそうですよね。彼氏が起きたとき、これは教えてあげるべき!?

寝相が悪すぎてベッドから落とされる

・「狭いベッドひとつしかないのに、ど真ん中で寝ている姿。私はどこで寝ろって言うんだ……と悲しくなった」(31歳/その他/専門職)

・「寝相が悪すぎて蹴られたりベットから落とされたりした」(34歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

「寝ていてもやっぱりこれか」なんて、彼女に本性を見抜かれそうなのがこんな寝相かもしれませんね。これを許してもらえるかは普段の心がけ次第です。

イビキが叫び声!

・「イビキが叫び声みたいでほとんど眠れなかった……」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「大きな声で叫んだり、イビキがうるさい人」(25歳/医療・福祉/その他)

ホラー映画みたいで怖くて眠れないのが、叫び声みたいな「イビキ」。暗闇の中、こんなイビキが響き渡るとドキドキしてしまいます。

起きたら彼氏が別人!

・「男性なのに、アイテープで二重を作っていて、起きたらそれが取れていた」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「髪が全て逆立って、いつもとは違う人に見えること」(26歳/医療・福祉/専門職)

女性は普段メイクしているため、寝起きが別人でもある程度「想定内」で済みますが、男性の場合はかなりビックリ! 何が起きたのかとパニックになりそう……。

お泊まりデートは自分の知らなかった彼氏の一面を見ることができ、ドキドキするデート。ただ、そのドキドキが「ドン引き」に変わりやすいのもお泊まりデートですよね。無意識のなせる技とはいえ、正直なんとかならないものか……悩みどころですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数204件(25歳~34歳の未婚の社会人女性)

※この記事は2016年11月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE