お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性を「襲っちゃいたい!」と思った瞬間6選

ファナティック

ベッド草食男子が増加傾向の昨今では、デートで男性からのリードを待っていると、何ごとも起きないこともあるもの。自分のほうから「男性を襲っちゃいたい!」と思った女性に、そのときの感情を教えてもらいました。

■かわいく見えたとき

・「彼がかわいい仕草を見せたとき(照れていたときとか)はガバッといきたくなるときもある」(32歳/自動車関連/技術職)

・「かっこいいのにかわいいと感じたとき」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

相手がかわいく見えたとき、思わず襲いたい衝動にかられるかもしれませんね。肉食女子でなくとも、ついその気になってしまうのでは。

■お酒を飲んだとき

・「お酒を飲み、酔っているときにそう思う。いい気分になり、好きな気持ちが膨らむからだと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「お酒飲んで酔っ払ったときに襲いたいと思う」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)
お酒を飲むと、いつもより気も大きくなってしまうためか、男性に襲いたい気持ちになる人もいるようです。中にはあえてお酒の力を借りている人もいるのでは?

■久しぶりに会ったとき

・「何週間も会えなくて、久々に夜のドライブデートをしたとき、早くイチャイチャしたいと思ってしまった」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「彼と久しぶりに会ったとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

彼とずっと会えない日が続いているときは、デートを楽しむよりも、本当は早く彼にくっつきたいと思っているのではないでしょうか。彼に襲われるよりも早く、自分のほうが襲ってしまいそうですよね。

■疲れているとき

・「仕事で疲れていて、ぐったりしているとき。それでもできるかどうか気になるから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「相手が疲れた感じで弱っているとき。何となくかわいく見えるから」(33歳/不動産/専門職)

彼が仕事で疲れ切っているときは、できれば優しく癒してあげたいもの。でも、ちょっとしたいじわるな気持ちが沸きあがってくると、押し倒したくなるのかもしれませんね。

■奥手なとき

・「華奢で奥手な男には、自分から誘ったりしたくなる」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「なかなか相手が手を出してこなかったとき」(29歳/ソフトウェア/技術職)

男性の中には、いつまでたっても自分から手を出してこない人もいるもの。シビレを切らして、つい襲いたくなってしまうのも納得できますよね。

■弱っているとき

・「ちょっと弱っているとき」(33歳/その他/事務系専門職)

・「相手がとてももの悲しそうな雰囲気を醸し出していたとき」(25歳/その他/専門職)

いつもは強気な男性が弱っているときは、もしかしてチャンスかもしれませんね。このときばかりは襲いかかっても、彼も抵抗できないのでは?

■まとめ

彼が動けなさそうなところを狙って、襲いたくなったという人も多いようですね。普段は受け身の女性でも、本当はどこかに彼をコントロールしたい気持ちもあるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数103件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]