お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

ダッサダサ! 致命的にファッションセンスがないイケメンから告白されたら?

ファナティック

外見の魅力はとても大切。それは、顔やスタイルだけではなく、ファッションも含めたものです。トータルバラスが悪ければ、魅力はダウンしてしまいます。でも、もし、顔とスタイルはばっちりなのに、ファッションセンスだけが皆無な男性に告白されたら、女性たちは答えるのでしょうか?

Q.ルックスはかっこいいけど、致命的にファッションセンスがない男性から告白されたらどうしますか?

「OKする」……65.2%
「断る」……34.8%

働く女性たちに質問してみたところ、6割以上の女性が「OKする」と答えました。ダサいセンスはみなさん、不問に付す、ということなのか……では、両者の理由をくわしく見てみましょう。

<「OKする」派の意見>

■私がスタイリングしてあげればいい!!

・「スタイリングしてあげたいので」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「自分で変身させる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

彼にセンスがないのなら、彼女が服を選んであげるしかありません。自分のセンスさえ間違っていなければ、彼はシンデレラのように、確実に魅力が増すでしょうね。

■好みのタイプへ

・「自分好みに変えていくことができそうだから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「自分好みに付き合ってから変えるので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

ただアレンジしてあげるのではなく、自分好みのタイプへと変えていくことだって可能でしょう。愛すべき彼女が「こうした方が良い」と言ったら、彼だって従うでしょうからね。

■センスは変わる

・「ファッションは自分がフォローしてあげればいいかな、と思う。ファッションは後から勉強すればどうにでもなると思うので」(25歳/食品・飲料/専門職)
・「ファッションセンスは変えられるから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

ファッションセンスは、周囲の助言や、雑誌をよく読んで勉強することで成長させることができます。彼女だったら、彼のセンスが変わるように、サポートしてあげたいですよね。

では次に、「断る!!」と答えた女性たちのコメントを見てみましょう。

<「断る」派の意見>

■恥ずかしい!

・「一緒にいて恥ずかしいくらいだと少しいやになる」(22歳/自動車関連/事務系専門職)
・「一緒に外を歩くのが恥ずかしいから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

自分はデートのために気合の入った服を着ているというのに、彼の方がひどい服装だったら……恥ずかしくて、一緒に歩けないかもしれません。オシャレな彼なら、その点は心配ないですよね。

■その外見が無理

・「見た目が無理」(26歳/その他/事務系専門職)
・「致命的にかっこわるいのはいやだから。ルックスがいい人も特に興味はない」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

服装のセンスが悪いと、全体的な魅力が激減する、オシャレに敏感な人もいます。むしろ、顔や体形よりも、ファッションによって醸される「雰囲気イケメン」の方が好きな人もいるでしょうね。

■ほかにも問題が……

・「自分を客観視できていないか致命的に周りが見えない人だと思うから」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)
・「ファッションは自己表現のひとつだから、他人からどう見られているかという意識が全くないのは問題だと思うから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

センスがない人は、自分の姿が周囲から見て、どんなものに映るのか、それをきちんと理解していないパターンもあります。客観視できない、という特徴は、確かにほかにも問題をきたしそうですね……。

■まとめ

ファッションセンスは成長するものですが、本人のポリシーで、絶対にこういう服ではないといやだ、という場合もあります。そういう場合は、いくら彼女が言っても、服装の方向性お変えない可能性もあるのです。「センスが悪くも、自分が変えてあげればいい」という考え方は前向きで素晴らしいですが、「変わらない」という可能性があることもお忘れなく。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数155件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]