お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

一発OK!? 交際期間ゼロで結婚できる女性●●%

ファナティック

2016年に結婚を発表した女優・堀北真希さんと、俳優・山本耕史さん。その華やかなルックスと共に「交際0日でのプロポーズ」という「電撃婚」が話題となりました。いきなり結婚というゴールにたどり着けるのはメリットもありますが、やはりデメリットも気になってしまいます。イマドキの働く女性たちに電撃婚に対する考えを聞いてみました。

Q.交際0日で結婚する「電撃婚」ってどう思いますか?

「あり」……25.2%

「なし」……74.75%

「あり」派女性よりも「なし」派女性の方が圧倒的に多いことがわかりました。まずは多数派である「なし」派女性の意見から、詳しくチェックしてみましょう。

<「なし」と思う女性の意見>

■焦りは禁物!

・「焦って結婚してもいいことなんかない。生涯のパートナーになる人を見極める期間は必要」(27歳/その他/クリエイティブ職)

・「0日で決めたとしてもこれから永遠に一緒にいることになるのだから、もう少し考えて親や親せき、友だちなどに紹介してから決めた方がいいと思う」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

もしも「結婚への焦り」が、女性たちを電撃婚に走らせているとしたら、非常に残念なことです。交際期間は、二人にとって大切な期間。すっ飛ばしてしまうのは少々もったいないですよね。

■「0日」でわかることって……?

・「相手のことが分からないのに結婚できない」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「相手の性癖や社会的身分、財産状況、犯罪歴、家庭状況などを知らずに結婚できるわけない」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

幸せな結婚をするためには相手を見極めることが重要だと言われています。「交際0日」でいったいどれだけのことがわかるのか……。相手について知っていることを指折り数えてみることで、少し冷静になれそうですね。

■離婚リスク

・「さすがに離婚前提の結婚だとしか思えない」(27歳/その他/営業職)

・「まだお互いのことを知っているわけではないので、よっぽどのことがない限り離婚しそう」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

イメージと現実のギャップが大きければ大きいほど、相手についていくのは難しいはずです。交際0日ということは、修羅場をくぐり抜けた経験も0。結婚同様、離婚も気軽に決めてしまうのでは……なんて思う女性も多いようです。

<「あり」と思う女性の意見>

■「交際期間」よりも大切なこと

・「なんでも経験とタイミング。付き合っててもなかなか結婚にまで至らないカップルも多いから、0日結婚や電撃婚はありだと思う」(30歳/その他/事務系専門職)

・「30歳を過ぎるとタイムリミットが迫っているので、全然アリだと思う」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

結婚に至るまでのポイントはさまざまで「交際期間が長ければ解決できる!」というものではないのかもしれません。勢いや気持ちの流れ、そして二人のタイミングなど……「きた!」と思った瞬間を逃さないための努力も必要だと言えそうです。

■「友だち」ならアリ!

・「それまでに友人関係が長くて、お互いのことがよく分かっている場合はいいと思う」(39歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「交際はしてなくても仕事等を通して相手を知っていればアリかもしれない」(37歳/その他/事務系専門職)

恋人期間は0日でも相手のことをよく知っている場合、リスクはかなり低くなるでしょう。「これ以上時間を無駄にしたくない!」と思うアラサー女性たちの希望も、叶うのではないでしょうか。

■結婚は……努力!

・「そこからいろいろ知っていって一緒に暮らせる努力をすれば良いと思う」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「一から知る関係も楽しそうだから」(35歳/その他/クリエイティブ職)

「結婚」という関係を深く考察する意見もありました。交際期間が3年あっても、「結婚して初めてわかったこと」はきっと出てくるはず。広い心で受け入れていく覚悟を決めることこそが……幸せな結婚生活の極意なのかもしれませんよ。

■まとめ

多くの女性が「電撃婚はなし」と答える結果となりましたが、未来は自分たちで決めていくもの。本当に「今がベストタイミング!」ということだってあるのでしょうね。ビビビッ! ときてしまったときには、自分の心に素直に行動してみるのもありかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]