お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「媚を売る女」はなぜ嫌われる?

ぱぷりこ(恋愛コラムニスト)

「媚びる女って苦手……」「あの子、媚びてて嫌い」「実力がないくせに媚びるだけで気に入られてずるい」

「媚びる」という単語はネガティブ意味で使われることが多く、媚びる女性を苦手と感じる女性、嫌う女性が少なくないようです。「媚びる女」とは具体的にどのような言動をし、どういった特徴があるのか、分析妖怪ぱぷりこが解説します。

「媚びる女」はどんな印象?

「媚びる」とは、「相手に気に入られようとして機嫌をとる」ことです。

・「気に入られたい相手」が存在する
・相手に対して、気に入られる言動・ご機嫌取りの言動をする

以上の2点に該当する場合、「媚びる」といえるでしょう。

媚びる女の特徴【一般女性アンケート】

一般女性の回答から「媚びる女」と女性が判断するポイントについて探ってみましょう。

声のトーンを変える

・「声のトーンが上がったり、語尾を伸ばしたりする」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「声がワントーン高くてあからさま」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)

声のトーンを上げると、「明るい」「若々しい」といった印象を与えられます。声のトーンを上げることにより、相手の好感度を上げようとしていることがわかります。いつも声のトーンが高いわけではなく、あくまで「ある特定の人の前でだけ声のトーンを変える」ことが「媚びている」という印象につながっていると思われます。

差し入れを配る

・「お菓子とかを配って、媚を売っている」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「お土産などをよく買って来て渡す」(26歳/医療・福祉/専門職)

「差し入れ」は、挨拶と並ぶぐらい、手っ取り早く好感度を上げるのにコスパがいい方法です。「差し入れ」などの手軽なやり方で、周囲の好感度を上げようとしていることにイラつくのだと思われます。

表と裏の顔がある

・「裏では散々悪口を言ってるのに、バレンタインのチョコは欠かさず贈っている人」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「裏では悪口を言っているのに、上司の前ではかいがいしくいろいろやってるアピールをする女」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「声のトーンを上げる」と同様に、「ある対象者に対していつもとちがう言動をしている」パターンです。「裏で悪口を言っている」というネガティブな言動が、批判の的となっています。

リアクションが大げさ

・「どんなくだらない話にでも大げさに相づちを打っている」(28歳/情報・IT/営業職)

・「どんなくだらない冗談にも笑顔で対応している」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

人は、自分に共感してくれる人、認めてくれる人に好意を抱く生き物です。「共感」もまた、相手の好感度を上げるために手っ取り早い手段のひとつです。「差し入れ」と同様に、「好感度を上げようとする目的が見え透いている」ことにイラつく人がいるようですね。

ボディタッチが得意

・「上司と飲みに行った際には必ずその上司の隣をキープし、お酒を注いだり料理を盛ったり。お酒が入ってくるとさりげないボディタッチも出てくる。すごく媚を売っていると同性から見ては思うが、当の上司は上機嫌……」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「上司にボディタッチをしている」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

人は、自分に好意を抱く人に好意を抱く生き物ですから、ボディタッチをすることで「あなたに好意がありますよ」というメッセージを発信し、相手の好感度を上げる効果があります。よって、こちらも好感度を上げようとする言動の一種です。

以上のアンケート結果をまとめると、「媚びている」と思われる言動は、いくつかのパターンに分けられます。

1「相手の好感度を上げる言動」をしているだけ(相手を限定していない)
・差し入れを配る
・リアクションが大げさ

2特定の人に対してだけ、好感度を上げる言動をしている
・声のトーンを変える
・ボディタッチが得意

3特定の人に対してだけ、好感度を上げる言動をしている(しかし、裏では嫌っていて、表裏がある)
・表と裏の顔がある

この中で、1は「媚びる」というには弱いです。たんに「好感度を上げる行動をしている」だけにすぎません。2と3は「媚びる言動」といえるでしょう。

媚を売ると嫌われる?

媚を売ることは、それぞれメリットとデメリットがあります。

メリット

1 実力以上の評価を得られやすい
2 仕事のチャンスが多くなりやすい
3 年収やポジションが上がりやすい
4 人脈が広がりやすい

メリットはなんといっても評価や仕事のチャンスが得やすくなることです。「実力主義」という単語が定着して久しいですが、実際のところ社会は「実力+好感度(人間性・コミュニケーション力などとも言われる)」で評価が決まる「実力+非実力主義」です。これまで見てきたとおり、媚びる言動は相手の好感度を上げる効果があります。だからこそ、全世界で同じような言動を取る人が多いのです。

好感度が高いと、ハロー効果(あるものが高いとほかも高く見える心理的効果)により、人は「ほかの能力も高いだろう」と推測したり、「この人ならやってくれるかもしれない」と期待したりします。そのため、いろいろなチャンスを得ることが増え、人とのつながりも増えることで、実際に実力や成果を出していく、という好スパイラルになる可能性が高いです。よって、社会的成功を得たいなら、媚びる言動によりチャンスを得ることは立派なひとつの「戦略」です。

媚びることにより、仕事での評価が上がり、年収が上がり、生活水準が上がり、人脈が広がる可能性が高まります。

デメリット

1 媚びることを嫌う人から嫌われる
2 同じ立場の女性から反感を買いやすい
3 信用を失いやすい
4 媚びる相手がいなくなると、孤立しやすい

一方で、媚びるデメリットとしては「媚びる」ことを嫌う人からは嫌われやすくなり、狙いとは逆に評価が低くなるリスクがあることです。たとえば、媚びて気に入られようとした上司が生粋の実力主義信望者の場合、自分の主義と真逆な媚びる人を嫌悪しがちです。また、同じ立場の女性や同僚をないがしろにして、影響力がある人にだけ露骨に態度を変えていると、反感を買いやすくなります。特に表裏がある言動をしている場合、「信用できない人間」として評価される可能性が高いです。

それでも媚びる対象相手が実力を持っているうちはいいですが、媚びていた人が失脚したり、いなくなったりするなどしてパワーバランスが崩れると、媚びてポジションをキープしていた人の立場は一緒に下落しやすいです。特に、周囲からの反感を買っていたり、信用できない人間と見なされていると、誰も助けてくれる人がいなくなり、立場が弱くなったり逆転したりします。

メリットとデメリットを比較すると、全体的には媚びる言動をしたほうが、コミュニティ内や仕事で成果を得たい場合は得になる可能性が高いです。しかし、メリットを享受できるのは、下記の条件に当てはまる場合です。

・媚びる言動が効く相手かどうか、きちんと見極める
・周囲にもきちんと気配りをして、言動の落差をつけすぎず、反感を持たれないようにする
・表裏がある言動はしない(悪口は言わない)

同じ立場の人を蔑ろにしていたり、表裏がある言動をしていると、デメリット沼にはまる可能性が高まります。

次ページ:「媚を売る女」に苦手意識を感じたら

SHARE