お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

たまんねぇ~! 男性がギャップ萌えした女子のイメチェン10

ファナティック

思い切ったイメチェンをしたくなっても、気になる男性にどう思われるかが気になると思い切ったことがなかなかしにくいですよね。そこで女性がイメチェンしてきて「いいな」と思ったのは、どんなイメチェンのときだったか、社会人男性に教えてもらいました。

ロングからのショートは、ギャップがあってドキッとする

・「出会ったときからずっと黒髪ロングだったのが、金髪のショートに変わって明るくなったように見えて、いいなと思った」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ショートカットにしてボーイッシュになるとドキッとする」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「バッサリショートカットに……隠れていたうなじが見えて少しドキッとする」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

ギャップ効果のせいか、男性が妙にドキッとしてしまうのが、女性がロングからショートへイメチェンしてきたときなのだそう。思い切りが良すぎるイメチェンは勇気がいりますが、ロングからショートへの変更は一度やってみたいイメチェンですよね。

メガネとコンタクトを切り替えたときのギャップがいい!

・「メガネを掛けている人がコンタクトにしたり、その逆も」(34歳/食品・飲料/営業職)

・「メガネのありなし。2度楽しめる」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「メガネからコンタクトにしたらかわいくなったやつがいた」(31歳/機械・精密機器/その他)

メガネからコンタクト、逆にコンタクトからメガネに切り替えたときも「いいギャップ」が働きやすいのだそう。どちらに切り替えてもなぜかキュンとしてしまうため、一度で二度おいしい効果があるとか!? これも一度試してみたいイメチェンかも?

濃いメイクからのナチュラルメイクがいい!

・「ギャルだった子が、普通のメイクになったら意外とかわいかった」(31歳/商社・卸/営業職)

・「化粧が濃かった子がナチュラルメイクになったとき」(34歳/自動車関連/技術職)

普段は濃いメイクな女性が、突然ナチュラルメイクに変えてくると「そういう素朴な一面もあるんだ」となぜか感心してしまいますよね。変に飾り立てないナチュラルな姿を見せてくれると、「地に足がつき落ち着いた」ように見えかなり好印象に。

パーマとストレートの切り替えもいいギャップ

・「パーマからストレートに髪を戻した友人が、若々しく見えてよかった」(30歳/その他/その他)

・「ずっと髪型がロングストレートだった子がミディアムでパーマをかけた。とても似合っていた」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

パーマからストレート、またその逆の切り替えも男性にいいギャップをもたらすよう。イメチェンは成功したときの効果が高い分、失敗したときのリスクも高いもの。このイメチェンなら気軽にやりやすく、失敗しても取り返しが効くためお勧めかも?

思い切ったイメチェンに一度チャレンジしてみたくても、失敗したときのことを考えると、うかつに手をつけるのが怖いもの。そんなときはまず手始めに上記のような男性ウケのいいイメチェンを試してみては? いいギャップが働いて男心をグッとつかめるかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件。25歳〜34歳の働く男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE