お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

やべぇ……ミスった!? 夫が「結婚相手間違えたかな」と思ってしまった瞬間5つ

ファナティック

お互い好き合って結婚したものの、長い夫婦生活のなかで「結婚相手を間違えたかもしれない」と思ってしまう瞬間がまったくないという人はいないでしょう。そこで今回は決定的な亀裂にはならないとしても、どうしても気になってしまった奥さんのエピソードについて既婚男性に聞いてみました。

■生活力がない

・「いろいろと生活力が足りていないこと」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「本当に何もできなかった。お米研ぎから教えた」(27歳/情報・IT/技術職)

結婚前に同棲などしていなければ、彼女の家事レベルがどの程度かなんて把握しようがありません。結婚してみてからあまりにも家事や料理ができないことに驚いた、という男性は多いようです。

■金遣いの荒さ

・「給料を全部使って『お金が足りない』って言われたとき」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「自分に隠れて趣味に散財していること」(29歳/情報・IT/技術職)

趣味を持つことは日々の生活を潤すためにも大事なこと。でもそれにばかりお金を使っていたのでは生活自体が傾いてしまいます。お金をどのように使うタイプの人かは結婚前に確認しておきたいところ。

■価値観のちがい

・「ささいなことで言い合いになることが多く、その度に価値観のちがいを感じてしまう。ささいなこととは、子どもへの叱り方や話し方に関してが多い」(28歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

子どもが生まれると、その教育方針で対立してしまう夫婦も多いよう。きっとどちらも子どものことを考えているがゆえのことですから、話し合って解決していきたいですね。

■怒りっぽい奥さん

・「イライラしすぎると止まらない奥さん」(28歳/その他/販売職・サービス系)

・「すぐに怒ってしまうところが最悪」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

一緒に暮らしているとともに過ごす時間も増えますから、彼女が怒りっぽい性格であることも露見しやすくなります。ささいなことでイライラしている人と暮らし続けるのはたしかに大きなストレスになりそう。

■小言が多い

・「口うるさい。片付けや掃除が特にうるさい」(28歳/運輸・倉庫/その他)

あまりにがみがみ言われるとたしかに嫌な気持ちになりますが、奥さんのほうも旦那さんに対し「こんなにだらしないとは思わなかった!」と感じているのかも。お互いにある程度の妥協点を探るといいのかもしれません!

■まとめ

いざ一緒に暮らしはじめてみると、相手の嫌な部分や欠点がはっきり見えてきてしまうものです。そのときは一瞬嫌に思っても、結婚するほど好きな相手ですから結果許せてしまうものですよね。中には「結婚相手を間違えたと思う瞬間はない」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)という意見の多さからも、結婚自体を後悔するほどのできごとは、さほどないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月29日~10月3日
調査人数:397人(22歳~28歳の男性)

お役立ち情報[PR]