お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

全部シテあげたいのっ!! 「尽くす女」の共通点・6つ

ファナティック

女友だちの中には、恋をするといつも男性に尽くしてしまう人がいますよね。献身的に彼の世話を焼く姿を見ていると、よくそこまでやれるな……と思ってしまうことも。今回は、「尽くす女性」がどうしてそこまでしてしまうのか、女性のみなさんの意見を聞いてみました。

■嫌われることを恐れている

・「嫌われることに対して異常に恐れを抱いている」(32歳/自動車関連/技術職)

・「彼氏を好きなことと、嫌われたくないからしてしまうんだと思います」(23歳/その他/その他)

彼氏に嫌われることを恐れて、言うことをなんでも聞いて尽くしてしまう、というケースはありそうです。そういう女性は彼氏だけではなく、他人から嫌われることを異常に恐れているイメージがありますよね。

■母性本能が強い

・「母性が強くて男性にいろいろしてあげたいという女性が尽くしているタイプが多い」(29歳/その他/クリエイティブ職)

・「そもそも彼氏がだらしなくて、そういうところに母性本能をくすぐられて付き合った子。自分がいなきゃ、やらなきゃという女性は尽くしすぎてしまう」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

母性本能が強くて「私がいないとこの人はダメになる」と思う女性は、彼氏にとことん尽くしてしまいそうですよね。母性本能が強いのは悪いことではありませんが、やりすぎると「お母さん化」してしまうかも?

■自分に自信がない

・「自分に自信がない、自己評価が低い。だから、尽くしてつなぎ止めようとする」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「自分に自信がないんじゃないですかね。だから尽くすことで愛されてる、必要とされてるって思いたいんだと思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

自分に自信がなくて魅力がないと思っている女性は、尽くすことしか自分にはできないと思っていそうです。男性に尽くすことで「自分が必要とされている」という実感を得たいのかもしれませんね。

■依存心が強い

・「他人への依存心が強い。ひとりで行動できないんだと思うから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「すぐに男性に依存する。依存して、尽くすことで存在価値を得ようとしているから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

依存心が強く、ひとりでは何もできないような女性も、男性に尽くしてしまいそうです。好きになったらその男性のことしか目に入らなくて、まわりが見えなくなって依存するというケースは多そうですね。

■自己陶酔する

・「尽くしている自分を好きになっちゃうような人」(30歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「彼に尽くしている自分に酔っている人。そういう自分に自惚れているのかな、と思う」(33歳/不動産/専門職)

男性に尽くすことで「彼氏のためにこんなにがんばっている自分」に酔ってしまう、というのは、尽くすことが好きな女性にありがちですよね。相手に見返りを求めない分、自己完結して満足してしまうのかもしれません。

■彼の言うことすべてにYESと言う

・「自分の意見を言わず、何でも従ってしまうこと」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「彼が言ったことに対しては、すべてYESと言う。わがままを100%聞いてあげることで、常に『彼にとって一番の存在』であることを望んでいると思うので」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

自分の意見を主張せず、男性のわがままをすべて聞いてしまう女性も、男性に尽くすことが多そうです。わがままを聞いてあげることで「自分が彼にとって一番の存在」だということを確認したいのかもしれませんね。

■まとめ

ついつい尽くしてしまう女性の特徴として、嫌われることを恐れていたり母性本能が強かったりなどが挙げられました。中でも「自分に自信がない」という点が、1番のポイントではないでしょうか。自信がないからこそ、相手に尽くすことで「気持ちをつなぎとめておきたい」という思いが強くなると言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~10月11日
調査人数:110人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]