お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ズキュン!! 急にキスを奪われ……「強引な男」にときめいた瞬間・6つ

ファナティック

好きな男性のタイプとして「やさしい人」を挙げる女性は多いですよね。やさしい男性は魅力的ですが、やさしすぎると逆につまらなく感じてしまうこともあるようです。ちょっと強引に来られると、逆にキュンとしてしまうことはありませんか? 今回は「強引な男にときめいてしまった瞬間」について、働く女性のみなさんに語ってもらいました!

デートでリードしてくれるのが男らしい!

・「デートで強引に行き先を決めてくれる男性がいて、優柔不断な男性より素敵だなと思った。男らしくてまわりにいないタイプだったので魅力的に見えた」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「乗り気ではなく、多少強引に連れて行かれたデート先でとても楽しく過ごしたとき。当初のマイナスイメージは消えて、うまくリードしてくれる男性だと感じてしまう」(31歳/その他/その他)

やさしすぎる男性とのデートだと、行き先をなかなか決められないこともありますよね。強引な男性はデートでリードしてくれるので、楽しく過ごせるし、魅力的に見えるようです。

急にキスされてキュンとした!

・「飲みに行ったときに、急にキスされたことがあってときめいた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「強引にキスされたときは、ドキドキした。強引なのはキュンとくるから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

強引にキスされるのは、まるでドラマのような展開ですよね。相手のことを気遣いすぎてなかなか手を出してこない男性よりも、ちょっと強引なほうがキュンとする女性は多いようです。

強引に口説かれるとうれしい!

・「ガツガツ来られることで、自分が魅力的な感じがしてしまう」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「グイグイと口説いてくる男性を見たとき。気分がいいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

自分に好意を持っていることを隠さず、グイグイと口説かれるとうれしい、と思う女性は多いよう。そんなに自分のことを好きでいてくれているんだ、と思うと悪い気はしないですよね。

少女マンガやドラマの設定にときめく!

・「少女マンガにそういう『ちょっとS』なキャラクターが多いですよね。ああいうキャラにキュンとします」(30歳/生保・損保/専門職)

・「肉食系男子から迫られるドラマを見ていたとき。自分にもこういうドラマみたいなことが起こればいいなとときめいた」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

マンガの「ちょっとS」なキャラクターや肉食系男子に迫られるドラマにときめくという気持ちは、共感できる女性は多いのでは? 現実ではあまりないからこそ、余計にあこがれるのかもしれませんね。

やさしい彼氏につまらなさを感じて……

・「大人しい彼氏につまらなさを感じていたときに、グラッと傾いた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「やさしい彼氏がいてもマンネリ化してしまい、変化がなくてつまらないなと思ったときに、強引な男性にときめいてしまったことがあったから」(25歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

彼氏がやさしすぎると、変化がないのでつまらなさを感じてしまうこともあるようです。そんなときに強引な男性からアプローチされたら、刺激的すぎてときめいてしまうのは当然かも?

男性主導で振りまわされてみたい!

・「『何でもいいよ』など、何するにも最終決定を任されるとやる気をなくす」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「やさしすぎていつも女性主導になっているとき。たまには男性主導で振りまわされてみたいと思うことがあるので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

やさしすぎる男性は、常に女性の意見を取り入れようとしてくれます。でもいつもそうだとちょっとつまらないですよね。たまには男性に主導権を握ってもらったほうが、楽しい時間を過ごせそうです。

まとめ

「強引な男にときめいてしまった瞬間」として、デートでリードしてくれたり、グイグイと口説かれたりなどがありました。やさしい男性も素敵ですが、それだけでは物足りないと思っている女性は多いようです。男性のみなさんには、ぜひこれらの意見を参考にしてもらいたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~10月11日
調査人数:110人(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE