お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

あの関係に戻りてぇ! 元カノに新カレがいても、ネバる男子は○○%

大場杏

1度別れを選んでいるからそれなりに理由があるはず……冷静になって彼女を思った時によりを戻したい!と思ってもすでに相手に新しい相手がいたら複雑な気持ちになる方が多いのではないでしょうか。それでも自分の元に戻って来てほしい?

Q.別れたことを後悔して、よりを戻したいと思った彼女に、すでに新しい彼氏がいた場合、どうしますか?

諦める……74.3%
諦めない……25.7%

1度「別れた」事実もあることから約7割半の方が、諦めるようです。熱意によって気持ちが動かされることもありますが振られた側、振った側と立場にも大きく変わりますよね。それぞれの回答を選んだ具体的な理由を見てみましょう。

【諦めない】

■思いよ届け

・「諦める理由がないので自分でとりにいく」(33歳/食品・飲料/技術職)
・「別に思い続けることは自由ではないでしょうか」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「それだけいい女なら、もう一度チャレンジする」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「結婚しているわけでないなら諦める必要がない」(40歳以上/食品・飲料/営業職)

「よりを戻したいと思ったならそうする」と、諦めない派は強い意志を持っている方が多いよう。相手の幸せを考えて身を引くことも大切だけど、ストレートに思いが伝わる情熱は、諦めないことの方が勝るかも。

■彼氏がいることが諦める理由にはならない

・「時と場合によるけど、可能であるなら試みる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「往生際が悪いので諦めきれませんね」(31歳/情報・IT/技術職)
・「彼氏の有無で自分の気持ちは変わらないから」(36歳/建設・土木/技術職)
・「諦めずまず確認、現状幸せそうでなければアタック」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

自分が完全にナシではない場合、理由が「新しい彼がいる」という事実だけならばなんら問題はないと考える方が多いようです。「その彼と別れた後に付き合いたいと思うから」「チャンスがあるなら取り戻す。なければ潔く諦める」と硬派な方が多いのも印象的。

【諦める】

■1番は相手の幸せ

・「いまさら強奪しようとは思わないから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)
・「幸せになってほしいと願います」(38歳/学校・教育関連/専門職)
・「1回別れたらまた付き合うのは嫌だから」(31歳/自動車関連/その他)
・「ご縁がなかったと思って諦めた方が良いから」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

恋愛はタイミングが大切とよく言いますよね。それに倣えば相手がいる時点で、すでにちがうのかも……。相手の幸せを願えばまわりまわって自分に帰ってくると思って身を引くのもひとつの選択肢!

■トラブルの予感しかない

・「その子の幸せを考えると、余計なちょっかいを出さないほうが良いと思うから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「余計なトラブルに発展する可能性があるから」(38歳/金融・証券/営業職)
・「他の男に抱かれた女なんかと普通に付き合う気になれないから」(37歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「諦めると言うより別れた時点で興味がなくなる」(23歳/その他/その他)

「新しい幸せがあるなら壊すことはできない」「諦めが肝心」「新しい彼氏がいるのによりを戻そうと話す根性がありません」と引き際を悟っている男性も多いようです。まだ新しい彼がいるといないじゃ、自分の気持ちだけ押し通すわけにもいかないですよね。

■まとめ

大半が諦めるという選択をするようですが、結局諦められる程度の思いだったのかと思ってしまいますよね。女性側からすれば、強く思ってもらえればその分だけ気持ちが動かされる確率も高いというアンケート結果もあるのに!

(大場 杏)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数101件(23~40歳以上の社会人男性)

お役立ち情報[PR]