お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

これは付き合えねーわ……男性が「この子とは住む世界が違うな」と冷めた瞬間6つ

ファナティック

合コンなどで知り合って、意気投合した相手との初デート。どんなエスコートをしてくれるか楽しみにしていたら、なんだかちょっと違うな……と思うことがありますよね。実は男性にも、そう思う瞬間があるようです。ではどんなときに「この人とは住む世界が違うな」と思ったのか、エピソードを詳しく教えてもらいました!

 

そんなに高くないけど……

・「デートのときに財布を持ってこなかったとき」(39歳/その他/その他)

・「たいした金額の店ではなくても高そうとか言われたとき」(36歳/建設・土木/営業職)

デートのときに財布を持ってこなかったり、高くないお店を「高そう」と言われたりすると「お金持ってないのかな」と思われるよう。相手との金銭感覚があまりにも違うと、つまらないデートになってしまいそうですね。

お金持ちすぎる

・「ブランド物のアクセサリーを多くつけていて、ファミレスなどには行けないなと思った」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「普段の生活のことを聞いたときに、お金持ちの家の娘だったので、金銭感覚がまったく違っていた」(39歳/その他/事務系専門職)

逆に相手がお金持ちすぎて「世界が違うな」と思うこともあるようです。高価なものを身につけていたり私生活がリッチだったりと、安くても高くても金銭感覚の違いは埋められない大きな溝ですね。

お金使いが荒い

・「お金の使い方が荒いとき。欲しいものをすぐ買う人」(37歳/自動車関連/事務系専門職)

・「金銭感覚がまったく違う。欲しいものはすぐにカードで買ってしまう」(37歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

お金関係では他に「欲しいものをすぐに買う」など、お金遣いが荒いというエピソードもありました。デートで欲しいものを片っ端からカードで買っている姿を見たら「付き合うのは無理かも……」と思われそうですね。

話が続かない

・「会話が続かない。面白くない。センスが真逆」(38歳/建設・土木/技術職)

・「何を話しても会話が続かなかったときに合わないなと思った」(35歳/自動車関連/技術職)

付き合う前のデートでは、お互いの相性を確かめたいですよね。特に会話が続くかどうかや、話が盛り上がるかどうかは大事なポイント。そのポイントがあまりにもずれていると「合わないな」と思われるようです。

趣味が合わない

・「まったくもって趣味、嗜好がバラバラであり、その時点でときめきを失ったとき」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「趣味がまったく合わなくて、その趣味も自分が見たことも聞いたこともないものだったとき」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

自分はインドア派なのに相手はアウトドア派など、趣味が合わないのもつらいですよね。相手の趣味の世界が深すぎて、聞いても理解できないようなものだと「住む世界が違う」ということを再認識させられそうです。

食事のマナーが……

・「食事をしたときのマナーがひどすぎる」(35歳/情報・IT/技術職)

・「食事に行ったときの食べ方が、自分とあまりにも違うと感じたとき」(39歳/その他/営業職)

付き合う前のデートで食事をしたとき、食べ方などのマナーがひどくて「この人とはないな」と思うこともあるようです。基本的な食事マナーはもちろんですが、きれいな食べ方はマスターしておきたいですね。

まとめ

付き合う前のデートで「この子とは住む世界が違うな」と思った瞬間として、とても多かったのが金銭感覚の違いでした。ある物について「安い」と思うか「高い」と思うかは、人によって意見が分かれますよね。そこが合わないと、長く付き合っていくのは難しそう。あなたは付き合う前に「この人とは住む世界が違うな」と思ったことはありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月13日
調査人数:125人(22~39歳の男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE