お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

だからかぁ! モテる女性が持っている「6つのセンス」

ファナティック

いつも男性からモテている女性は、外見や内面を磨いているだけでなく、もともとなんらかのセンスを持ち合わせていると言えそうです。モテる女性が持っているセンスについて、女性たちに聞いてみました。

<モテる女性が持っているセンス>

■ファッションセンス

・「ファッションセンス。服のセンスがいいとモテるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「服装のセンス。モテる人はオシャレなので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

ファッションセンスは生まれ持ってのセンスだとも言えますよね。どんな組み合わせをすることで、自分を一番キレイに見せてくれるのかが、直感でわかるのかもしれません。

■気遣いのセンス

・「気遣いをできるセンス。自分がちやほやされるだけでなく、人への気遣いもできるので、異性からモテそう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「気遣いテクニック、とにかく気づき」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

人に気遣いができるかどうかも、モテ要素には欠かせないもの。まわりの人に気を使わせないような気遣いができると、センスも高そうですよね。

■会話のセンス

・「言葉のチョイスがうまい。言葉遣いがキレイ」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「聞き上手で会話のセンスがある」(27歳/その他/専門職)

会話のセンスがうまい人は、まわりの人を惹きつける魅力がありますよね。もう少し話をさせたいと思わせるセンスは、ぜひとも見習いたいものです。

■人付き合いのセンス

・「冗談が通じてコミュニケーション能力が高くて器が大きい」(33歳/その他/その他)

・「人付き合いのセンス。ないと、モテないから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

人付き合いを上手にするためには、ある程度のコミュニケーション能力がなくてはならないもの。相手を気分よくさせることができるのなら、かなり高いセンスの持ち主と言えそうです。

■男性を持ちあげるセンス

・「男の人を程よく調子に乗せるセンス」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「男を上げるセンス。嫌みなくほめられる人」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

男性をもちあげるセンスは、モテるためには必須項目と言えそう。みえみえのお世辞だと、男性も嫌気が差してしまうこともありそうなので、境界線の見極めが大切ですよね。

■料理のセンス

・「料理のセンス! おいしいものを作れる」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「料理のセンスがある。調味料などは計らなくても大体わかる」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

料理のセンスがあるかないかで、男性からのモテ度はかなり大きく変わってくるかもしれません。残り物ですぐにおいしいものを作れる人は、料理センス抜群とみられるのではないでしょうか。

<まとめ>

いろいろなセンスにたけていると、男性からも注目されることが多いはず。努力をして報われることもありますが、生まれ持ってのセンスとなると、努力だけではまかなえないと思うこともあるでしょう。しかし、センスは磨くことができるので、できることからがんばりましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月4日~2016年10月14日
調査人数:102人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]