お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ありえねーー! ダサすぎて泣きたくなった「男のデートファッション」6選

ファナティック

好きな人からデートに誘われると、どんなファッションで決めていこうか頭を悩ますもの。でも彼のほうが、全然オシャレに力を入れていないと、ガッカリしてしまうこともありますよね。ダサすぎて泣きたくなった男のデートファッションとは、一体どんなものがあるのでしょう。働く女性から意見を聞いてみました。

<ダサすぎて泣きたくなった男のデートファッション>

■ジャージ

・「ジャージ。学生以外はやめてほしいので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「ジャージで来られたときは帰りました」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

いくらなんでもデートにジャージはNGですよね。ダサいという以前に、TPOとしてアウトなのではないでしょうか。

■シャツをイン

・「シャツをインしていたときはびっくりした」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「シャツがチェックでズボンに入ってる」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

シャツをインしている人もいるもの。なんだかおじさんの印象になってしまいそうです。

■チェーンをつけている

・「デニムにジャラジャラしたチェーンを付けている人」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ズボンにチェーンをつけて現れたとき。田舎の小学生かと思った」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

男性から根強い人気があるのが、チェーンですよね。パンツにチェーンをつけるのは、さすがに時代遅れのファッションと言えそうです。

■ヨレヨレのTシャツ

・「首の伸びたTシャツに、ジーパン」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「穴のあいたTシャツが一番ショックだった」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

穴があいていたり、ヨレヨレのTシャツを着てこられると、デート相手として格下のように思われていると感じるもの。スーツとまではいかなくても、もう少しキッチリしたスタイルで来てほしいですよね。

■柄on柄

・「柄に柄で合わせてきてなんか嫌だなと感じた」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「柄のシャツにチェックのパンツ」(27歳/その他/専門職)

オシャレ上級者でも、一歩まちがえればダサダサになってしまのが、柄on柄のコーディネート。素人がチャレンジすると、ダサくなってしまうのはわかりきっていますよね。

■サンダル

・「大学時代のとき、レストランで食事だというのにサンダルで来た」(32歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「冬なのに、サンダルをはいてきた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

デートにサンダル姿は、さすがにやめてほしいもの。デート先によっては、浮いてしまうこともあるので、考えてほしいですよね。

<まとめ>

あまりファッションに自信がない場合なら、無理せずシンプルな服装でデートにのぞんでほしいもの。気合を入れたいと思うなら、せめてショップの店員さんなどにアドバイスをもらって、コーディネートに取り組んでほしいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月4日~2016年10月14日
調査人数:102人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]