お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「好き」は「付き合って」じゃない? 男性心理と返事の正解

やっち(恋愛アドバイザー)

「好き」=「付き合って」と、男性の告白を捉えていいのでしょうか? 恋愛アドバイザーのやっちさんに、「好き」と「付き合って」に込められた男性の本音について解説してもらいました。

「好きです」とだけ言われて、返答に困ったことってありませんか? 好きなのはわかったけど、それでどうしたいの? と困惑しますよね。

好意を伝えてもらってうれしい反面、なんだか腑に落ちない人もいるかもしれません。

「好き」とだけ伝えてくる男性の本音は愛情なのか、またはただの友情なのか。

今回は、「好き」と「付き合って」について解説していきます。

「好き」と「付き合って」は同じ意味?

「好き」と「付き合って」には、どのようなちがいがあるのでしょうか。「好き」と言われても「付き合おう」の意味を含んでいないケースもあるようです。反対に、「付き合って」と言われてOKしたとしても、「好き」かどうかはわからないケースも。「好き」と「付き合って」は同じ意味なのでしょうか?

「好き」は「付き合って」ってこと? 男性の本音

「好き=付き合って」派と、「好き=付き合って」ではない派のアンケートを見てみましょう。

「好き=付き合って」である派の意見

・「シチュエーションにもよるが、付き合おうの意味を含む」(37歳/情報・IT/技術職)

・「好きと言ったら、付き合おうの意味を含む。好きな人としか付き合いたいと思わないから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「好き=付き合って」ではない派の意見

・「意味は含みません。好きはお友だちとして好きとも解釈できるので」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「『好き』は人として好感を持てるってだけ。『付き合おう』は独占したくなる気持ちがある」(27歳/学校・教育関連/その他)

・「含みません。付き合うときはしっかり言います、ぼんやりしたくないので」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

結局、「好き」とだけ言う男性心理って?

私の経験上、女性は付き合った相手に「好き」と伝えることが多いようですが、男性は付き合う前のほうが積極的に好意のある女性に「好き」と伝える傾向にあります。相手に好意を示すことで、「人は自分のことを好きになった人を意識するようになる」という心理を突いている場合もあれば、愛情にせよ友情にせよ純粋に気持ちをストレートに伝えている男性もいます。そして付き合う気があるのに、「好き」とだけ伝えて「付き合って」まで伝えない男性は、相手に解釈を求めがちな人に多く、「言いたいことわかるでしょ?」と最後まで気持ちを伝えません。逆に「付き合って」まで伝える人というのは、そのほかの面でも自分の意見をしっかりと伝える傾向にあります。

次ページ:「好き」と言われたときの返し方、正解は?

SHARE