お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

デレデレ! 女子が許せる男性の甘え方・6つ

ファナティック

みなさん、甘えるのは上手なほうですか? もし好きな異性に甘えてみて、拒絶されると悲しいものですよね。そこで今回は、男性から甘えられたとき、女性にとって許せるのはどこまでなのか、OKな甘え方とNGな甘え方を聞いてみました!

■膝枕はOK、赤ちゃん言葉はNG

・「子どもっぽく膝枕で寝るのはかわいらしい。赤ちゃん言葉で甘えられたら鳥肌が止まらない」(32歳/建設・土木/技術職)

・「膝枕とか、ボディタッチ系はOK。赤ちゃん言葉は気持ちが悪い」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

子どものように女性の膝枕で寝る男性はちょっとかわいいですよね。ですが男性に赤ちゃん言葉を使われると、女性性よりも母性を求められているような気がして、拒否反応を起こしそう。

■2人きりのときはOK

・「2人きりのときに甘えられるのは好き」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「2人きりのときにくっついてくるのはOK、人前でくっついてくるのはNG」(34歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

人前で外国人カップルのようにイチャイチャする日本人は、なじみが薄いせいかかっこ悪く見えますよね。男性が女性に思いきり甘えるなら、2人きりのときにしてくれたほうがありがたいです。

■しつこくなければOK

・「しつこくなく、ツンデレな感じはよい」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「しつこくなければ基本的に大丈夫。しつこかったらダメ。自分の時間も持ちたい」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

甘えるときには相手にいろいろなお願いをしてしまいますよね。ただそのお願いがしつこいと、それだけで相手にしようという気がなくなってしまいます。一度はあっさり引いたほうが、次の可能性につながるかも。

■かわいげがあればOK

・「かわいげのある甘え方ならOKだと思う」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「かわいいのはいいが、うざいのはだめ」(29歳/情報・IT/技術職)

純粋に相手をかわいく思って甘やかすのは自然な行動ですが、媚びるように甘えられるとなんだか強制されている感じがしますよね。甘えるときはナチュラルにかわいいと思わせるのが大切かも。

■自然ならOK、不自然ならNG

・「自然な甘え方ならOK。不自然な甘え方だと気持ち悪さを感じる」(34歳/その他/事務系専門職)

・「さりげな~く甘えた、という感じはOK。べたべたしすぎるのはNG」(26歳/学校・教育関連/技術職)

甘え方にも程度がありますよね。軽くスキンシップをするくらいならいいけれど、例えば街中で急にキスを求められたりすれば、それは恥ずかしいと思う女性は多そうです。流れを意識しましょう。

■できることならOK

・「負荷をかけすぎない甘え方ならOK」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「むちゃなことを言うか言わないかかなぁ」(30歳/その他/技術職)

いくら好きな男性からのお願いでも、できないことやしたくないことを強要されるとイヤになってしまいますよね。甘えるにしてもまずは軽いお願いからなら、女性に受け入れられる可能性も上がるでしょう。

■まとめ

甘えるにも、このようなバリエーションがあるのですね。好きな異性にはかわいがってもらいたいと思うのは当然な心の動きですが、猫をかぶりすぎたりして強制する感じの甘え方は評判が悪いようです。あなたは、どんな甘え方なら許せますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月27日~9月29日
調査人数:119人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]