お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

こんな束縛は嫌だ! 「男性にされるとうれしい束縛」と「うざい束縛」のちがい6つ

ファナティック

束縛とは、相手の行動を制限してしまうこと。好きな相手ほど自分の思い通りにしたくなる気持ち自体は、多くの人にあるのでは? 今回は、女性が男性にされるとうれしい束縛とうざい束縛のちがいを教えてもらいました。

■心配してくれているかどうか

・「心配されるのはうれしいが、行動を監視されるのはうざい」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「心配してくれる束縛はうれしいが、自分勝手な束縛はむかつく」(28歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

居場所の確認や連絡の強要などが恋人同士によくある束縛でしょう。相手が本当に自分のことを心配し、無事を確認したくて居場所をたずねてくれるのならうれしいですが、浮気を疑ってかかられるのは嫌ですね。

■メールの返事が遅いと怒るかどうか

・「メールが多いときや返事をしないとうるさいとき」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「メールの返信がないことを責められるのは嫌」(30歳/医療・福祉/専門職)

恋人からメールの返信がなければ、少しは不安になりますよね。ですが相手が忙しい可能性なども考えず、ただ不安にかられて激怒してしまうような恋人がいると、正直扱いにくそうです。

■やきもちかどうか

・「やきもちを焼いてくれるのは、うれしい束縛。遊びに行くときに誰と行くのか毎回聞かれるのはうざい束縛」(30歳/情報・IT/その他)

・「やきもちはうれしい。信頼されず、怒りながらの束縛はうざい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼女に対して嫉妬をしたときに、かわいくやきもちを焼いてくれる彼氏はちょっとかわいいですね。しかし、自分には何もやましいことがないのに真剣に嫉妬されると、かなりうざったいかもしれません。

■男性との接触を禁止するかどうか

・「ほかの男性に対するやきもちはうれしいが、ほかの男性と話しているのを監視してくるのはうざく感じる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『合コンに行ってほしくない』とか『2人でご飯は止めてほしい』くらいは嫉妬してくれるのかな? とかわいく思うけど、『異性とまったくしゃべるな』とか『連絡をとるな』って言われるとうっとうしく感じる」(28歳/医療・福祉/専門職)

自分の彼女が、ほかの男性と2人で会う約束をするのは許せない人も多いでしょう。ただし、事前に伝えているにも関わらず、異性というだけで接触を禁止されると、彼氏の前ではきゅうくつな思いをしてしまいますね。

■居場所の詳細を聞くかどうか

・「うれしい束縛はわからないが、どこに行くのかいちいち聞かれたらうざい。飲みに行くときなど相手までの詳細を聞かれたりしたら……」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「居場所や早く帰れなど、しょっちゅう現在の状況を確認したがる束縛がうざい。うれしい束縛をされたことがない」(33歳/食品・飲料/その他)

どこかに出かけるときは事前に彼氏に伝えると親切ですよね。それでも疑い深い人は、内容に嘘がないかどうか、細かく質問して詳細を知りたがるようです。取り調べのようで、怖いくらいですよね。

■思いやりがあるかどうか

・「思いやりがあるかないか、監視はダメ」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「相手がとても大好きで思いやりのある束縛か否か」(30歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

彼女の居場所を知りたがる理由が、近ければ迎えに行くつもりなど思いやりのあるものであれば、うれしいと思う人もいるのではないでしょうか。束縛されるほうも納得できるような理由ならベストですね。

■まとめ

誰しも、一歩まちがえるとやってしまうかもしれない束縛。もちろん恋人同士なら独自のルールは必要かもしれませんが、あまりに一方的なものだと別れの原因になってしまうでしょう。束縛は、やりすぎに気をつけてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月27日〜9月29日
調査人数:119人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]