お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

恐怖しかない!? 「重すぎる女」の共通点6つ

ファナティック

徐々に男性を追い詰めてしまうのが「重すぎる女」です。女性にとっては「好きだからこその行動」であるため、自覚していない点が怖いところ。気づかない内に、彼の心が離れてしまう可能性もあります。では、男性が「重すぎる女」だと思うのは、どんな女性に対してなのでしょうか。その特徴を探ってみました。

<男性が思う「重すぎる女」の特徴>

■連絡必須

・「連絡を催促する女はきついかなって思います」(28歳/その他/その他)

・「メールを返すまでの時間が分レベルで要求される」(37歳/自動車関連/技術職)

1日の決まったタイミングで、相手からの連絡をねだる女性はいませんか? 「ひと言だけでいいから」なんて彼女の思いが、彼を追い詰めているのかもしれません。強制連絡に甘い雰囲気は存在しないので、彼の自主性に任せてみましょう。

■行動監視

・「行動の監視。常に縛られている感覚を受ける」(38歳/その他/営業職)

・「すぐに同棲したがる」(38歳/電機/技術職)

こちらはいわゆる「束縛」ですね。彼の気持ちがほかへと移らないようにするための防御策なのでしょうが、残念ながら逆効果かも!? 「信じているよ」のひと言のほうが、何倍も効果がありそうですよね。

■オンリーユー

・「まわりが見えていない。まわりとの付き合いとかも考えず、自分だけの思いで動くから気持ちが重たくなる」(37歳/情報・IT/技術職)

・「どこにでもついてくる。離れない。愛されすぎているのもどうかと」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

恋人ができると、恋愛がすべてになってしまう女性も要注意です。「ずっと一緒で楽しい!」と思っているのは、もしかすると自分だけかも……? 彼には彼の世界があることも、理解してあげましょう。

■尽くしすぎ

・「やらなくていいと言ってることまでやってくれてしまうことが多すぎる。多少ならいいが多すぎると重く感じる」(35歳/その他/その他)

・「まるで母親のように、こっちのことを常に心配している」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

女性としては、完全によかれと思っての行動。しかしそれが、裏目に出るケースもあるようです。「頼まれたらやる」くらいのスタンスでちょうどいいのかもしれません。

■ネガティブ

・「心配性でひんぱんに連絡する。またネガティブな発言・表情・態度が多い」(31歳/その他/その他)

・「自分がいかに不幸で、恵まれていないかのアピールがしつこい」(31歳/その他/その他)

何ごともネガティブに捉える女性と話していると、男性側の気持ちも、ズーンと重くなってしまうのでしょう。徐々に「一緒に過ごすのがしんどい」なんて思われてしまいそうです。

■将来設計

・「将来こうしよう、ああしようなど自分勝手に未来を思い描いたことを言われると重い。気持ちがなえてしまう」(38歳/その他/その他)

・「言動に結婚や将来に関することを混ぜる」(35歳/その他/その他)

アラサー女性にとって、「将来」は重要なキーワードです。彼からなんの話もなければ、自分から切り出したくなる気持ちもわかります。男性の「重い」という感情の裏には、「まだまだ考えられない」なんて本音もチラリ。きちんと考えてくれる男性を探すのも、ひとつの方法かもしれません。

<まとめ>

男性が挙げた「重すぎる女」の特徴、あなたには当てはまる点はありましたか? 好きだからこそ、相手を信じることが難しいときもあるかと思います。しかし「重すぎる!」と思われれば、事態は悪いほうへと向かっていくだけ。上手に気持ちをコントロールして、「重すぎる女」を卒業できるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月29日~2016年9月30日
調査人数:394人(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]