お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ズルい~! 女性が、見た目の変化で「男性は得だなぁ」と思うこと・5つ

ファナティック

男女ともに年齢を重ねると「見た目」に変化はあらわれるもの。でも、同じような変化でも女性と男性では周囲の反応がちがうこともあるようです。中には、「男性だったら何も問題ないのに……」と、女性としてはモヤッとしてしまうことも。そこで今回は、女性のみなさんに見た目の変化で「男性は得だなぁ」と思う瞬間について聞いてみました。

(1)白髪の扱い

・「男性の白髪は、ロマンスグレーなんて格好よく言われるけれど、女性はすごいおばさんみたいに言われるから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「白髪を染めなくても許される世の中。女性で白髪のままだと非常識に思われるから」(29歳/機会・精密機器/技術職)

女性は一本でも白髪を発見すると「まずい」という心境になりますが、男性は白髪交じりの髪でさえもプラスポイントになることも。

(2)太っても……

・「太っても貫禄が出るなど好印象にとってもらえる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「少しくらい太っても、恰幅がいいですまされる」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

脂肪がついたウエストに対し。女性は「おばさん体型」と言われることもあるのに対して、男性は貫禄や恰幅といったほめ言葉をかけられるのはなぜなのでしょうか。お腹の中に内臓脂肪が蓄積しているだけなのに……。

(3)シミもシワも気にしなくてOK

・「顔のシミやシワが勲章みたいにされる。女性は老化になるから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「シミやシワなど、あまり気にしなくても困らないこと。女性は、それらが増えるとかなり老けた印象になるから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

肌の老化に対抗するべく一生懸命スキンケアをがんばる女性に対して、男性はそれさえも「生きてきた証」として自らの勲章にすることができる!? たしかに、男性のシワは女性のシワほどネガティブな印象が少ないように感じます。

(4)そもそも見た目の変化の扱いに差がある

・「女性は30歳を過ぎたらおばさん扱いされて着たい服を着ても若作りとか言われる。男性は30過歳を過ぎたところぎから旬みたいなところがあるから、そこまでおじさん扱いされない」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「男は年をとっても尊重されるし、女性はただのおばさん扱いで、荒く対応されて嫌な思いをすることが多いと思うから損だと思う」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

男性と女性とでは人生の「華」と言われる時期が、そもそもちがうのでは? という意見も。同じ30代でも男性のほうが「これからだよ!」と言われるのは不思議ですよね。

(5)枯れてももてはやされるのは男性の特権

・「年齢をとっても『枯れた感』が逆に魅力的な感じにうつること。阿部寛さんみたいな年の取り方が格好いいと思います」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「渋さが出てきて、30最過ぎからモテてきたりするから。女はおばさんとみなされるだけ」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

枯れた女性に対する世間の目は冷たいもの。「おばさん」など、耳が痛くなるような言葉が並ぶ中、男性には「渋さ」「ダンディ」という、ポジティブな言葉が待っています。

<まとめ>

女性が考える「見た目の変化で男性は得だと思うこと」について見てきました。女性は年齢を重ねることによる変化を「おばさん」にみなされてしまうのに比べ、男性は「むしろそこがいい!」と言われることに対して得だと感じる女性が多いみたいですね。ですが自分自身の努力次第では「おばさん」と思われないような「変化」にすることも十分可能。男性をうらやむよりも、女性に生まれたことを存分に楽しむことが「女性って得だなぁ」と思われる秘訣かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日~9月30日
調査人数:149人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]