お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

イラッとしちゃう! 身近にいる「意識高い系女子」の特徴6選

ファナティック

意識高い系とは、見栄を張って自分を大きく見せたがる、上から目線、人脈を自慢する、やたらポジティブ系である人たちのこと。本当に意識が高いのではなく、あくまで見せかけだけの努力をしている人のことを指すようです。ちょっと付き合いづらそうですね。女性のみなさんのまわりにも、そういった「意識高い系の女子」の特徴について聞いてみました。

■末端までキレイにしている

・「爪や髪の毛先の手入れが行き届いてる」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「爪や髪の先まできちんと意識している人」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

女子の爪や毛先までキレイだと、素直に感心しますね。でも、そこまでしなくてもという感じもします。

■SNSで自分情報の発信をしている

・「自分磨きしている様子をFacebookにアップし続ける」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「身のまわりのすべてを、Instagramに載せられそうなもので固める」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

エステに行った話をしたり、オシャレな小物の写真を撮ったり。SNSを意識した行動の多い女子は、意識高い系のニオイがしますね。

■普通の食事を摂らない

・「タンブラーを持ち歩き、糖質制限をして野菜ばかり食べてる女」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「クレンジングジュースとかで断食をしている」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

ダイエットなど美容を意識すると変わった食事を摂りたくなりますが、それをひけらかすようにされるとイラッとしそう。

■常に女子を意識している

・「とにかく女であることを忘れない。料理にネイルに美容院は毎月」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「定期的に女子会をしている。見た目や中身の向上に余念がない感じがするから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

外見を磨き、定期的に同じような意識を持つ女子とコミュニケーションをとる女子。なんだか近づきにくいかも。

■よく化粧直しをする

・「炎天下の中でも、社内に入る前にトイレで軽く化粧を直してから入る」(28歳/金融・証券/営業職)

・「あぶらとり紙や綿棒を常に持っている」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

化粧直しをマメにするのは決して悪いことではないのですが、あまりしない女性の中ではそうした行動をとると浮くのかもしれません。

■習いごとをしている

・「ネイルや料理教室に通って、自分磨きを欠かさないようにしていると思う」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「仕事終わりにヨガとか教室に通う」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

自分磨きといえば習いごとですよね。決して悪いことではありませんが、それだけ自分磨きをしてどうするのかという気がしてしまいそう。

■まとめ

また、「日本語で同じ意味の簡単な言葉で言えばいいのに、カタカナの外国語で言って意味をわかりにくくする」(33歳/その他/その他)という面倒な女子も。やや鼻につくとはいえ、意識高い系の女子も何かにがんばっているのは事実。そこは評価するようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月21日~9月26日
調査人数:128人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]