お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ゲロッ、勘弁してよっ……。女性が「本当は行きたくないデートスポット」6選

ファナティック

デートの行き先を決めるときに彼に任せっきりにしておくと、いわゆる「定番」のデートスポットや男性が考える「女性が好きそうな」場所になりがち。ただ、そういうところが本当に好きかどうかは人それぞれですよね。今回は働く女性たちが「本当は行きたくない」と思っているデートスポットについて聞いてみました。

■夏の屋外イベント

・「真夏の屋外のイベント」(33歳/その他/事務系専門職)

・「屋外。暑い」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

にぎやかな雰囲気も楽しめるものの、とにかく暑い真夏の屋外イベント。日ごろから美白を気にしている女性にとっては、普段の努力が水の泡になりそう……。

■花火大会や夏祭り

・「花火大会。混雑がイヤ」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「夏祭り。屋台の食べ物が汚そうでイヤだから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

人混みが苦手な女性にとって、混雑する花火大会や夏祭りは楽しめないデートスポット。ほかにも屋台の食べ物に対して、不安感を持っている人もいるようです。

■海やプール

・「海。焼けたくない、泳ぎたくない、濡れたあとの砂が最悪」(23歳/学校・教育関連/その他)

・「海、プール。水着は嫌なので」(32歳/その他/その他)

夏の王道デートスポット、海とプール。でも「水着姿を見せたくない」、「濡れたあとが面倒」ということでこちらも不評のようです。

■ショッピング

・「買い物。待たせたり、付き合わせてる感があるから」(30歳/小売店/クリエイティブ職)

・「自分のものを見に行く買い物デート。買うかどうか決めるのに時間がかかったり、お店を行き来したりするため」(28歳/医療・福祉/専門職)

ひとりのときや女友だちとなら楽しめるし、何時間でもOKなショッピング。でも、デートとなると彼に気をつかってしまってゆっくり楽しめないのが嫌だという女性も。彼がガマンしてるのかと思うとショッピングにも集中できませんよね。

■映画館

・「映画館。よっぽど趣味が合う者同士じゃないと片方だけが楽しむ結果に終わる」(30歳/その他/その他)

・「映画館。会話もできないし、顔も見えないし、映画の好みも合うとも限らない」(27歳/その他/クリエイティブ職)

デート中の会話のネタ作りになるかもしれないけれど、まず観る映画を決めるのも大変そうな映画デート。趣味が同じなら問題ないでしょうが、まだ付き合ってから日が浅いカップルだとお互いを知るための会話ができるようなデートの方がいいかもしれませんね。

■テーマパークや遊園地

・「遊園地。並ぶ時間もしんどいし、友だちとなど複数で行く方が楽しいから」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「テーマパーク。楽しみを強要されてるようで苦手。人が多い所。疲れる」(34歳/マスコミ・広告/その他)

待ち時間が長くなるし、人も多いしということで行きたくないのがテーマパークや遊園地。はしゃぎたいけれど彼が一緒だとドン引きされてしまいそうだしと考えると、気のおけない友人たちと思いっきり楽しむほうが向いている場所かもしれませんね。

■まとめ

彼と一緒ならどんな場所でもそれなりに楽しめるデート。でも、本音ではいきたくないと思っている場所は色々とあるようです。デートの行き先を決めるときには、彼に任せっきりにせず、二人で行き先を決めるというコミュニケーションが大切になってくるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月2日~8月4日
調査人数:338人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]