お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヤバイ、もう別れたい……。今まで付き合った彼氏の中で、一番短い交際期間!

ファナティック

今まで付き合った彼氏を思い出してみると、短期間で交際が終わってしまったという彼氏もいたのではないでしょうか。中でも、一番短い交際期間はどのくらいでしたか? 笑えるくらい短いものから、たまたま一番短いけれど期間としてはけっこう長いものまで、いろいろなパターンがありそうですね。女性の体験談を集めてみました。

■たった1日

・「付き合ってみた瞬間いやになりました」(36歳/不動産/秘書・アシスタント職)
・「体の相性が合わなかったから別れた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

付き合ったと言えるのかどうか怪しいくらい、一瞬で別れたケースですね。彼氏彼女の関係になった途端、彼氏が赤ちゃん言葉になったり、逆にすごく冷たい態度になったりということもあるでしょう。「こんなはずじゃなかった」と思って、すぐに別れを決断したのでしょう。長引くほど傷が深くなるので、良い判断だったのではないでしょうか。

■数日~1週間

・「3日。お酒のノリで付き合うことになったが、やっぱりちがった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「3日。押しに押されたが、見た目がやっぱり無理で離れた」(33歳/不動産/事務系専門職)
・「1週間程度。とりあえずデートしてみたけど、どうしても合わないと思ったのですぐ別れた」(35歳/小売店/販売職・サービス系

「すぐに別れた」と言える程度の短い交際期間と言えるでしょう。「とりあえず付き合ってみた」という状況が多いようです。誰でもいいから彼氏が欲しい、という切羽詰まった状態でなければ、性格が合わなければ別れるのは自然なことでしょう。むしろ、きちんと相手に誠意を持って対応していると言えるかもしれません。

■1カ月程度

・「彼と価値観が全然合わないと感じたから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「仕事でお互いにすれ違ったから仕方ない」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

1カ月単位になってくると、「すごく短い」という状況ではなくなってきます。彼と合う頻度が高ければ高いほど、1カ月もあれば相手のことがかなりわかってきますよね。その上で、合わないということを認識したり、これ以上がんばることはできないと悟ることは、ままあることと言えるでしょう。

■3カ月程度

・「好きじゃないけど付き合ってみようかと思ったら、まったく好きになれなかったから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「性格が合わず一緒にいて楽しくなかった」(23歳/その他/その他)

一般的に「すぐ別れた」と言っていい期間は、3カ月が限度かもしれませんね。週に1回デートしていれば、12回も相手のことを知る機会があります。メールのやり取りも重ねているでしょうし、付き合いはじめのドキドキがおさまってくる時期でもあります。これ以上一緒にいるとどうなるのか、自分で予想できるでしょう。

■半年程度

・「はじめはいい人だと思ってたけど、だんだんアラが見えてきて見た目もタイプじゃなかったので『何で付き合ってるんだろう』と思ったから」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「向こうが転勤になって、距離が離れたから」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

半年ほど付き合っていれば、相手のいいところばかりでなく、よくないところも見えてくるものではないでしょうか。転勤などの事情があれば仕方がないことかもしれませんが、そこを乗り越えられれば、結婚も近いのかも?

■9年!

・「別れないで結婚したから9年付き合った」(33歳/その他/事務系専門職)

アンケートで挙がった最長記録はなんと9年! しかも別れたのではなく、そのまま結婚にいたったというから驚きですね。最初に出会った人と長く付き合って結婚できたら、とても幸せなことではないでしょうか。

■まとめ

たった1日で別れる場合もあれば、9年付き合ったのが一番短い交際期間だったという女性もいるようでした。人によって、どこからが「付き合った」なのかの判断基準もちがうでしょうし、付き合ってからの会う頻度もちがいます。ただ、3カ月~半年程度で一度は今後の付き合いを続けるかどうか判断してみると良いのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数119件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]