お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

アラサー男性の願望「彼女なら○○してほしい」と思うこと・6選

ファナティック

恋人ができればこんなことをしてほしいなんて、いろいろ夢見る人も多いものですよね。彼女になった女性が、なるべく自分の理想に近いことをしてくれれば、うれしいものです。働く男性のみなさんは、どんな理想を抱いているのか、本音を探ってみました。

■料理を作ってほしい

・「手料理をごちそうしてほしい。彼女の女子力を見たい」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「手料理を振る舞ってほしい。彼女の作る料理はおいしいから」(34歳/学校・教育関連/専門職)

彼女なら、できれば自分のためにおいしい手料理を作ってほしいと願う男性は多いようですね。彼女が自分の部屋のキッチンに立っている姿を夢見る人も多いのでは。

■男性を立ててほしい

・「男を立ててほしい。大和撫子はもういないのでしょうか」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「彼氏を立ててほしい。やる気を出させるような言葉をかけてほしい」(38歳/金融・証券/営業職)

最近では男女平等でなければならない風潮にありますよね。とはいえ、本心では自分のことを立ててほしいと思う男性も多いかもしれませんね。

■尽くしてほしい

・「彼女なら尽くしてほしい。人から愛情を感じられなくなると、嫌いになったのかなと思ってしまうので、尽くしてくれればそういう考えにもならないから、できるだけ尽くしてほしいと思う」(36歳/情報・IT/技術職)

・「尽くしてほしい、うれしいから」(26歳/金融・証券/専門職)

彼女に尽くしてほしいと思う男性もいるようです。あまりにも一方的に尽くしすぎるのは、恋人関係とは言えませんけれどもね。

■キレイでいてほしい

・「いつでもおしゃれでいてほしい」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「いつまでも美しくいるよう、最低限の気を使う」(38歳/情報・IT/技術職)

なるべく彼女には、いつまでもキレイでいてほしいと思うようですね。彼女をキレイにするために、たまには美容グッズをプレゼントしてほしいもの。

■家事をしてほしい

・「家事をしてほしい。自分が苦手だから」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「掃除してほしい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性の中では、掃除や洗濯といった家事が苦手な人もいますよね。彼女に部屋の掃除をしてもらわないと、手の着けようがなくなっているかもしれませんね。

■お裁縫してほしい

・「シャツのボタンがとれたりしたら彼女につけてほしい。自分が裁縫できない人なので」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

中には、彼女のお裁縫能力を気にする人もいるようです。ボタンがとれたときに、カバンの中からすぐにお裁縫セットを出せる女性は魅力的に映りそうですね。

■まとめ

ほかにも、「誕生日にお祝いメールを送ってほしい。というか覚えておいてほしい」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)というように、自分の誕生日を覚えてほしいなんて、切ない男性もいました。実際に彼女ができた場合、どこまで面と向かってお願いできるかはわからないもの。結局は願望で終わってしまうかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月4日~9月6日
調査人数:113人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]