お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

毎日が地獄ゲーム……。イマドキ女子がリアルに遭遇した社内ストーカーエピソード4つ!

ファナティック

近頃は職場の同僚や上司からセクハラやモラハラなど、いろいろなタイプのハラスメントを受ける事例も増えています。なかには社内の人間からのストーカー行為を受けたことがある女性もいるよう。今回は、社内でストーカー行為を受けたことがあるか、どんな被害にあったかについて女性に聞いてみました。

■仕事用の連絡先にメールが何通も!

・「会社用のアドレスにメールがたくさん送られてくる」(27歳/学校・教育関連/その他)
・「返信をしていないのに何通もメールがくる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

社内や職場でのストーカーがすることも、基本的には一般的なストーカーとあまり変わらないようです。とはいえ、仕事用の連絡先なのにストーカーからの迷惑なメールで埋まってしまうのは困りますよね。

■自宅を知られるといきなり訪ねて来られることも

・「同僚の話だが、帰るときも後をつけられて自宅を知られて、休みの日に訪ねてきたことがあり怖いと言っていた」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)
・「友人が、会社の上司で何度か遊びに行き、自宅も知られている人に彼氏ができたと言ったら夜中に家まで来られた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

自宅が知られてしまうと、急に訪ねてこられることもあるのが怖いですよね。赤の他人ならまだしも、仕事で関係のある人だと容易に住所や家の場所を知られてしまうので注意したくてもむずかしそうです。

■職場が一緒だと仕事中もずっと見られ続けることに

・「社内チャットでずっと話しかけられる」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「友だちの話。やたら仕事の様子を観察されていたり、頻繁にメールが送られていた」(33歳/その他/クリエイティブ職)

部署やオフィスが一緒になってしまうと、ずっとストーカーの視線にさらされ続けることになってしまいます。用もないのに社内のチャットで話しかけられ続けたり、ずっと観察されていたり……普通のストーカーよりもさらにたちが悪いですね。

■かつての恋人がストーカー化するケース

・「先輩が以前の職場で付き合っていた同僚にストーカーされ、家までついてこられて困ったことがあったそうだ」(30歳/小売店/販売職・サービス系)
・「以前社内恋愛をしていて別れた男性から、またアプローチされて断ったら、しつこくついてこられて困っていると相談された」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

以前付き合っていた恋人が未練のあまりストーカーになってしまうということはしばしば起こりますが、職場恋愛だとストーカーになった元恋人が社内ストーカーになってしまうんですね。

■まとめ

仕事をやめたり異動したりしない限り接点を完全に断つことがむずかしい社内ストーカー。周囲の目もありますし大事にはいたりにくいと思いたいですが、注意するに越したことはありません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数128件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]