お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

やりなおしたい! アラサー女子が恋愛・結婚について後悔しているコト6選

ファナティック

ウエディング恋愛も結婚も、普通の人であれば、そう何度も経験しませんよね。相手ができてしばらくしてから、もっとああしておけばと悔やむこともあるのではないでしょうか? 今回は、女性が恋愛や結婚生活で後悔していることを特集しました!

■ワガママを言ったこと

・「恋愛をすると相手を思いやれず、ワガママになってしまう。それで面倒になったのか振られてしまうことが続いた。今思うと、もっと大人な対応をすればよかったな、と思う」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「彼氏が優しい人だったのでワガママをたくさん言って困らせてしまった」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

友だちには優しいのに、彼氏が相手だとついワガママになってしまう人はいるのでは。甘えていたのでしょうね。

■住む家が遠いこと

・「結婚して田舎へ引っ越したこと。都会育ちなので不便に感じる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「もっと近くの人と付き合えばよかった」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

恋愛や結婚相手が近所の人ならいいのですが、距離があると通うのが大変ですよね。なかなか会えないとさびしくなりそうです。

■仕事ばかりしていたこと

・「仕事人間すぎて、毎日がつまらない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「恋愛よりも仕事を優先させて振られたことがある」(32歳/自動車関連/技術職)

キャリアは形成できたものの、気がつくとまわりの女性はみんな結婚しているという話もありますよね。

■お金に困ったこと

・「結婚しようとしたときに相手に貯金がなく困ったので、もっと相手の貯金額を知ってから結婚に踏み切ればよかった」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「元彼に貢ぎすぎた」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

彼が貯金をしていなかったり、彼に自分のお金をしぼり取られてしまったりと、お金に関する後悔は多いですね。

■恋愛経験を積んでいなかったこと

・「もっと色んな人と恋愛しておけばよかったと思うときがある」(33歳/その他/事務系専門職)

・「もう遅いけど色々若いうちに恋愛を楽しんでおけばよかったな、と思うことはある」(33歳/不動産/専門職)

恋をすると一途になりがちですし、そういうルールなのですが、恋愛の経験値は恋愛でしか積めませんよね。

■告白できなかったこと

・「好きと伝えればよかった」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「もっと自分から積極的に好きな人にアプローチすればよかった」(30歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

相手からの告白を待つ女性は多いですが、意中の相手から告白されないこともあり、それはつらいです。

■まとめ

いろいろな後悔が集まりましたね。思い返すと失敗だらけだなと思うこともあるかもしれませんが、あくまで記憶。もし次の恋や現在の結婚生活に支障が出そうなら、忘れてしまってもいいかもしれませんよ。みなさんはいかがですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数119件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]