お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「彼女の家から朝帰り」親に正直に話せない男性7割! その理由は?

ファナティック

実家住まいの人にとって、恋人の家への外泊をどう親に報告するかは悩ましい問題ですよね。なんとなく親には言いにくい、けれどうそをつくのも気が引ける……そんな葛藤の中、働く男性はどのような判断を下すのでしょうか。彼女の家から朝帰りしたシチュエーションを前提に、アンケートを採ってみました。

Q.彼女の家へ泊まって朝帰りした際に、正直に親に昨夜どこへ泊まったか言えますか? 自分の気持ちに近いほうをお選びください。

言える 33.3%

言えない 66.7%

6割以上の男性が、彼女の家への外泊の事実を正直に親に話すことはできないと回答しました。理由をくわしく聞いてみましょう。

【「言える」と回答した男性の意見】

■隠すくらいの年齢でもないから

・「もう自分もいい年なので、親に隠すことでもないと思うから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「親も察すると思うので、隠すのも面倒だから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いい年齢の大人になれば彼女の家に泊まるのは当然のことでは?という意見です。大人であるにもかかわらず、行動がすべて親の管理下にあるのは違和感があるのかも。隠したところで臆測でも泊まったと判断されるのが関の山でしょう。

■隠すと逆に面倒だから

・「言った方がトラブルが起きないです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「正直に言ったほうが無難だと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

正直に言うことが後の自分の身のためという意見です。確かに「何か隠してる」「うそをついた」と言われ、「隠してない」「うそついてない」の押し問答を繰り返すのは、正直面倒かもしれませんね。

【「言えない」と回答した男性の意見】

■親に対する後ろめたさと恥ずかしさ

・「なんだか気恥ずかしいし、説明しにくいから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「やましい気持ちしかないので言わないと思う」(32歳/機械・精密機器/技術職)

もう自分の行動に責任の取れる立派な大人で、何をしようと勝手なはず。それなのに、どうにも親に対して異性関係は気恥ずかしくなってしまうものなんですよね。男性も一緒のようです。

■知らない方がいいこともある

・「彼女の家に行ったと話をするのは良いとして、そろそろ周りが結婚をし出している状況下なので、親が結婚を期待したら嫌だから」(27歳/小売店/営業職)

・「彼女がいることを公にしていないので。詮索されるのも面倒なので、友だちの家にする」(38歳/情報・IT/技術職)

昨今の晩婚化のせいなのかわかりませんが、子ども以上に子どもの結婚を心配する親も増えてきています。息子に彼女がいるらしいとなればそれは一家の一大事。色めき立って詮索や干渉をしてくる可能性もあるでしょう。それが原因で面倒なトラブルが発生する可能性もあります。

■まとめ

成人した子どもには、親に彼女と一夜を過ごした事実を報告する義務はありません。ですが大切なわが子が外泊となれば、黙っていられない親も多いのです。自分の親がプライバシーを尊重する親なのか、それとも家族間の秘密はない方がいいと考える親なのかを見極め、性格に応じて適切な対応をするのがベストかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]