お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

職場結婚をどう報告する? 社内恋愛で結婚するときに気をつけたいこと

藤井佐和子(キャリアアドバイザー)

仕事を通じてさまざまな出会いがあることは、とてもよいこと。お互いのよいところも悪いところもすべて見えてしまう仕事の場面。日ごろのお互いの仕事ぶりをみて、恋愛・結婚対象と思えるって素晴らしいことですよね。しかし一方で、恋愛はまだしも、結婚となると、面倒なことはたくさんあるようです。「結婚後も同じ職場で大丈夫? 周囲のみんなはどう思っているの?」「結婚の報告をいつ、誰にしたらいいの? 上司になんて言えばいいの?」と、おめでたいことなのに、頭を悩ませている人も多いようです。そこで、職場結婚を周囲に報告する段取りや、仕事を続けるときに気をつけたいことについて、説明していきます。

職場結婚を報告する段取り

職場結婚が決まったら、いつ、誰に、どのように報告するのがよいでしょうか。また、結婚の報告と同時に伝えておくとよいことについても、説明していきます。

職場結婚を報告するタイミング

職場が同じ相手との結婚が決まった! おめでたいこと、うれしいことですが、職場だからこその面倒なことも。それは報告のタイミングです。

以前筆者は、ある管理職の方からこんなことを聞いたことがあります。「部下から結婚しました、と結婚後、報告があった。別に悪いことではないけれど、なんか腑に落ちない。最近の若い人は、そんなもんなのかなあ……。確かにプライベートと仕事は関係ないといえば関係ないから何とも言えないが」、というもの。実は事後報告した部下の理由は、あとからわかったのですが、「言うタイミングを逸してしまった」というものでした。姓が変わる、家族構成が変わる、など、福利厚生に関わることは、会社側の手続きも必要にあるため、報告する必要があります。しかし、それ以前に、職場の人たちへの配慮として、周囲への報告はしたほうがよいでしょう。

では、どのタイミングで伝えるのがベストでしょうか。披露宴に上司やメンバーを招待する場合は、招待状を渡すなどのタイミングで伝える人も多いようです。しかし、身内だけの結婚式だったり、海外挙式を予定していたりする場合があります。または籍だけ入れる場合もあるでしょう。その場合は、結婚式をするしないにかかわらず、タイミングは3~4カ月前くらいが望ましいでしょう。

特に、披露宴に招待する場合は、日程をおさえておいてもらう必要がありますし、結婚式をしない場合でも新婚旅行や引っ越しなど、家庭環境が変わることで仕事で周囲にお願いすることも出てくるかもしれませんから、早めに伝えておく方が安心です。

職場結婚を報告する順番

さて、報告の順番ですが、組織上で言えば、まずは上司からがよいでしょう。チームマネジメントをしているのは上司です。当人が不在の際は、誰に任せるのか、などを考える必要がありますから、最初に伝えるべきです。しかし、日ごろから仲の良い同僚に恋愛・結婚の話はすることもあるのではないでしょうか。そんな会話の中で、結婚の報告を先にすることもあります。そんな時は、上司への報告をするまで、周囲に話すのは待ってもらってください。また、夫婦で上司が異なるケースもよくあるもの。その時は、同タイミングで、それぞれが報告するのが無難です。

職場結婚を報告の仕方

メールで伝える

メールで報告のための時間をおさえることはよいですが、すべてをメールで伝えるのはNGです。例えば、「お伝えしたいことがありますので、今日か明日、どこかで15分程度、お時間いただけますでしょうか」といった内容がシンプルです。

直接報告する

上司と席が近いなど、わざわざメールでのワンクッションを置かなくてもよいケースもあります。その場合は、上司の手が空いていそうな時や一緒に移動する際に、伝えてもよいでしょう。「仕事の件ではないのですが、報告したいことがありまして。今よろしいですか?」といった感じで切り出すのがよいでしょう。

報告の際に今後について伝える

報告するだけでなく、結婚に関して決まっていること、たとえば、式の日時や、新婚旅行、引っ越しなどで休む旨は、自ら伝えましょう。そしてその際、自分の仕事を周囲にサポートしてもらう必要があれば、そのことも伝えましょう。

結婚報告のときにあわせて伝えたほうがいいこと

結婚報告の際に今後について伝える必要があるわけですが、では一体、何をどう伝えるべきでしょうか。

結婚式を行うかどうか

上司を招待する場合は、日時を伝えましょう。また、スピーチをお願いしたい場合もあると思いますので、お願いすることは可能かも確認しましょう。また、結婚式を行わない場合もその旨、たとえば「式は身内だけで海外で」など、こちらから状況を伝えましょう。

仕事は休むのかどうか

新婚旅行や引っ越しなどでお休みを取る場合、不在時の引継ぎも発生しますから、いつ休む予定か、どれくらいかかりそうか、など伝えましょう。また、新婚旅行を先延ばしにする人もいますよね。その場合も、「すぐに新婚旅行は予定していないので」と自ら伝えておきましょう。

仕事は続けるかどうか

上司の心配は、今後の仕事についてです。特に職場結婚の場合、どちらかが辞めるのではないか、と心配されることもありますから、続ける意志があるときは、自らはっきり伝えましょう。

妊娠もあわせて報告するときはどうしたらいい?

結婚と同時に、産休育休で長期休暇を取得することになりますから、結婚の報告と同時に伝えましょう。報告する際、今後のスケジュールについて、オブラートに包まず、はっきりと予定を伝えることが大事です。特に上司からは聞きづらいことかもしれませんので、こちらから正しく言う配慮も必要です。

次ページ:【みんなの本音】職場結婚ってどう思う?

お役立ち情報[PR]