お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

オトコのサガなんですっ! 男性が「つい見てしまう」女性の特徴5選

ファナティック

街中でほかの女性に見とれる彼氏に彼女が怒る。デート中のカップルがケンカになる原因のひとつに、彼氏がほかの女性に目移りするというのがありますが、どうして彼女がいながらほかの女性が気になってしまうのでしょうか。今回は、男性が「つい見てしまう」女性の特徴について聞いてみました。



■キレイな人には目がいく

・「街で歩いているときにキレイな女性とすれちがうと思わず目がいってしまう」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「それは男としてあり得る。『うわ! キレイ』と思うすれちがいはときどきある」(39歳/その他/技術職)

・「普通に歩いていてタイプの女性がいたら目が行きます」(27歳/小売店/営業職)

すれちがった女性が自分好みだったら、思わず「キレイだな」と見とれてしまうと認める男性も。彼女に不満があるわけでも、その女性とどうこうしようというわけでもなく、単純に条件反射のようなものでしょうが一緒にいる彼女としてはイラッとしそうですね。

■雰囲気に惑わされて

・「雰囲気で、いいなと思ったとき」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「独特の色気がある」(33歳/医療・福祉/専門職)

ルックスというよりは、その女性が醸し出す雰囲気に「おっ!」と思わず反応してしまうという男性も。どこに惹かれてしまうのかわからないけれど、妙に気になる「雰囲気美人」。男性にもその反応は止めようがないのかも。

■露出ファッションは思わず見てしまう

・「夏場とか、細身のファッションで、肌の露出が多いとき。おお、と振り返ってみてしまう」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「露出の多い服装を着ている子を見ると、彼女が居る居ないは関係なく、本能的に目で追ってしまう」(36歳/情報・IT/技術職)

・「露出が多めの女性を見るとどうしても目がいってしまう」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

よくも悪くも目を引く女性の露出ファッション。やり過ぎだなと悪い印象を持ったとしても見てしまうし、もちろん本能的に体が反応してしまうことも。男性へのモテアピールとしても使われるくらいなので、自然に目で追う男性がいるのも不思議ではないでしょうね。

■彼女とうまくいっていないとき

・「彼女とうまくいっていない、関係は悪くなくともマンネリになってきたりなど、刺激がないなと思うとき」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「彼女に飽きたとき。ほかの人で紛らわす」(31歳/自動車関連/営業職)

・「寂しいとき」(31歳/自動車関連/その他)

彼女との付き合いにも飽きてきた、あまり会えなくて寂しい。こういうときは、単純に女性との接触を求める気持ちが強くなるのかも。ほかの女性に目移りする暇があったら、彼女とのマンネリ解消に努力する方向で力を入れてほしいですね。

■胸元に惹かれる

・「おっぱいが大きいときは目が行ってしまう」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「胸が大きい子。揺れると目線が行ってしまう」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「胸元が開いてる服などを着ている女性を見たとき」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

女性のバストというのは男性にとって特別なパーツとも言えますよね。その女性に興味があるわけでなくても胸元が開いていたら引き寄せられる。女性そのものを見ているわけではないとはいえ、彼女としては複雑な心境になりそうです。

■まとめ

彼女といるときでも体が自然に反応してしまう。男性がほかの女性を見てしまうのは、意識的なものでないことが多いようですが、それでも一緒にいる彼女の立場を考えると理性で抑えてもらいたいところ。でも、彼女に怒られることがわかっていても目で追わずにはいられないというのが、男性たちのホンネのようですね。女性たちが広い心で許してあげるかどうかは、普段の彼氏の行動によっても変わってきそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日~2016年9月12日
調査人数:100人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]