お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

こうやってプッシュ! 男性からの告白を誘導する方法10

ファナティック

優しい男性と付き合いたくても、優しい男性は押しがイマイチ足りず、恋愛に発展させるのが難しいときもありますよね。そこで働く女性に「いい雰囲気かも」と思う男性に、告白してもらうためにしていることや誘導する方法について聞いてみました。

■「相性いいよね!」発言で追い込む

・「『一緒にいると楽しいよね』、『久しぶりにドキドキする気がする』などという言葉をふいに言う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「二人で遊びに行って、『こうしてると彼氏彼女みたいだね♪』みたいに追い込む!」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「酔ったふりして、甘えて密着してみる。『彼女になれたら幸せだろうな』と言ってみる」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

押しが足りない男性は優柔不断なことも多いもの。自分に好意はありつつ、今一歩踏み込めない様子なら「二人は相性いいよね!」発言で追い込むといいそう。誰かに背中を押してもらわないと決断できない、優柔不断な男性にはかなり効果アリかもしれません。

■他の男性の存在を匂わせて、焦らせる

・「他の男性に告白されて困っている、という相談をすると、相手が気にしてくれて告白される」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「お土産を買って来させるとかジュースをおごってもらうとか小額を私のために使ってもらう。そのお返しをするからと言って飲みに連れ出す。そしてそういうことをする相手は君だけじゃないから、早くアプローチして来ないと他の男性になびいちゃうかもと、揺らがせる」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「他の異性から言い寄られているようなことを話題に出して焦らせる。そして、好きなことをわからせる」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

友だち以上恋人未満からなかなか関係が発展しないときに、効果があるのがこの方法。恋人未満のプラトニックな関係に心地よさを感じてしまうと、その先になかなか進めないもの。他にライバルがいると匂わせたら、さすがに重い腰をあげてくれそう?

■誘われやすいように、がんがんアピールする

・「メールをしたり、誘いやすいように『●●に行きたいなー』や『●●のご飯がおいしかった』など伝える!」(32歳/情報・IT/営業職)

・「そんな雰囲気になりそうな行きたい場所や、食べたいものをがんがんアピールする」(25歳/情報・IT/技術職)

二人で会うためにはきっかけづくりが肝心ですよね。自分からこれを言い出せないシャイな男性には「じゃあ行こうか」の一言だけでデートの約束ができるよう、お膳立てしてあげるのも大事かもしれませんね。

■二人きりになれる時間が増えたら、寂しいなアピール

・「LINEなどでなるべく会う約束などを取り付けておいて、恋人がいなくて寂しいなど、少しだけ漏らす」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「わざと二人になる時間を徐々に増やしていく。相談事をしたり、彼氏ほしいな、アピールをする」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

上記のお膳立てでもなかなか先に進めない、超のつくシャイな男性には「一人でいるのが寂しい」アピールでさらに追い込む必要も……。ここを放っておかれたら「脈ナシだな」と逆にあきらめもつきそうですよね。最終追い込みに効果アリかも?

どちらかが好きと言い出せばすぐ付き合えそうなのに、そう簡単にはいかないのが恋愛。男性にも色んなタイプがいる以上、女性も待ってばかりではいられないですよね。ぜひ上記のアプローチ方法を参考に、お目当ての男性からいい言葉を引き出してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数56件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]