お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚できないのは「家族」のせい? 男性がドン引く「彼女の家族」とは

カップルが結婚を考え始めると、無視できないのが「お互いの家族を交えた関係について」です。彼の両親に紹介される瞬間もドキドキするものですが、自分の両親を彼に紹介するのも、またちがった緊張感がありますよね。できれば彼にも、自分の両親を気に入ってほしいところですが……残念ながら、両親の言動を「非常識だ」と思われてしまう可能性も。結婚をリアルに意識する、アラサー男性たちに具体的なエピソードを教えてもらいました。

■過干渉

・「やたらと母親からメールが来て注意されること」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「初めてお会いしたときに、うちの子に対して本気なのか、何度も聞かれた」(33歳/小売店/事務系専門職)

娘のことがアレコレと気になる気持ちもわかりますが……もういい大人です! 彼にとっても、「あぁ、俺って信頼されていないんだな」と思ってしまうポイントなのかもしれませんね。もし干渉を止めることが難しいなら、少し距離を置くことも必要だと言えそうです。

■質問攻め

・「初対面でデリカシーのない質問を連発」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「自分の両親の学歴などを聞いてきた」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「会うなり、職業と年収と貯金額を聞いてきた」(38歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

家族になるかもしれない相手のこと、アレコレ聞きたいのもわかりますが、彼の気持ちも考えてあげてほしいものです。あまりにもプライベートな質問は失礼です。あまりにもぶしつけ質問がつづくようなら、彼女がすかさず助け船を出してあげましょう!

■お金のこと

・「『お金のない男とは別れなさい。年収1000万円ない男はダメ』」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「金をせびってくる。しかも高額」(39歳/商社・卸/営業職)

彼女の両親からの、お金に関する信じられない一言も! こんな価値観を変えるのは難しいこと。彼女自身に問題はなくても……「結婚は無理かもしれない」と思ってしまう瞬間です。

■威圧感!

・「ご飯を食べに行ったとき、父親の方がお店の人に横柄だった」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「初対面で、私のことを『お前』と呼んできた」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

主に彼女の父親から、強い威圧感を受け取る男性も多いようです。たとえ相手が「娘の彼氏」であっても、最低限のマナーはあってしかるべきもの。同性として、受け入れられない気持ちが生まれてしまうのかもしれませんね。

■ありえません……

・「彼女の前の彼氏が気に入っていたらしく、よく前の彼氏の話を自分の前でするところ」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

彼としては非常に切ない意見もありました。両親の本心なのでしょうが、不快になるのは当たり前のこと。両親の気持ちが冷静になるまで、そっとしておくのがオススメですよ。

■まとめ

彼が彼女の両親に対して「非常識だ」と思ってしまうポイント、いかがでしたか? なかには親ごころゆえに失礼な態度をとってしまったのかな? と思うものもありましたね。とはいえ彼氏も1人の人間です。失礼な態度をとるよりも、しっかり尊敬をもって接してほしいものですね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月12日〜8月18日
調査人数:92人(22歳〜39歳の男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]