お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

なにこの女! 男性がドン引きする女性の趣味4つ

ファナティック

趣味は自分のためにするものだし、自由に楽しめばいい気もしますが「自分の恋人がそれにはまっているとちょっと……」と感じる趣味もありますよね。そこで女性がこんな趣味を持っているとドン引きしやすいという、趣味について社会人男性に聞いてみました。

■お金の使い方が荒そうな趣味は嫌だ!

・「ギャンブルなど賭け事ばかりするような人は嫌だ。生活費がすぐ無くなり、破産しそう」(32歳/自動車関連/技術職)

・「パチンコ、競馬、ゴルフといったおっさん臭のする趣味。金の使い方も荒く、貯金ができないしトラブルがおそらく絶えない。それに自分自身もギャンブルという趣味を好まない」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「金銭感覚の狂った買い物、ローンに追いかけられるなど。自分はギャンブルしないのでギャンブルも勘弁」(34歳/金融・証券/技術職)

お金が湯水のように流れていきそうなのが、ギャンブルや身の丈に合わないセレブな趣味。入ってくるお金はそうそう増えないため、結婚するなら「自由に使えるお金の範囲内でできる趣味」を女性には探してほしいですよね。そうでないと家計が大変なことに!

■BL趣味はやっぱりドン引きしてしまう

・「やっぱりボーイズラブばかり見ている人は敬遠します。男同士のカップリングは考えられない」(34歳/その他/営業職)

・「二次元、三次元問わずBL趣味。内容も生理的に受け付けないし、何よりいわゆる腐女子が趣味について話すときの独特のテンションの高さが気持ち悪い」(33歳/その他/専門職)

・「BL好きを堂々と公表しているような人はちょっと近寄りがたく感じます。表向きには隠していて、『実は……』というような風であれば、別にかまわないとは思いますが……」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

それの何がいいのか理解できないのはもちろん、そこにはまる女性の思考回路が理解できなくてドン引きしてしまうのが「BL好きな女性」なのだそう。特にそれに夢中になりすぎて、他人の目を気にしなくなっている段階だと「異性として見るのは厳しい」とか……。

■アイドルの追っかけをやられるとつらい……

・「(男性)アイドルおっかけ。ファンクラブに入って、コンサートやイベントがあることに参加されるのはつらい。現実逃避しすぎ」(34歳/金融・証券/専門職)

・「アイドルの追っかけ。追っかけが度を過ぎて全国回っちゃうって人がいる。時間も金もなんか無駄遣いしてる気がするし、正直アイドルに夢中になる人の気持ちは男女問わず分からない」(30歳/通信/事務系専門職)

働いているとどんなに恋人に会いたくても1週間に1~2日が限度。それなのに彼女がアイドルの追っかけをしていると貴重な休日を全部アイドルに持っていかれてしまい……。彼氏としてはつらいことが多いのだとか。プラスお金の心配もありますよね。

■爬虫類をペットにされると家に行けない

・「直接会ったことはありませんが虫、爬虫類は苦手なのでそっち方面を飼ってる女子はきついです」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「蛇をペットにする。マウスの餌やりを毎回LINEで送ってきてグロい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

はまるとかわいく思えてくるのかもしれませんが、虫や爬虫類は苦手な人も多いですよね。これを飼っている女性は、どんなに魅力的でも怖くて家に行けない!? 夜寝ているときもペットの動きが気になって、なかなか寝付けなさそうです。

何に興味を持ち、何にはまるかは人それぞれですが、正直「彼女にはこんな趣味を持ってほしくない!」と考えるのが上記のような趣味なのだそう。一人で楽しんでいる分には問題ないにせよ、恋人ができると何かと障害になりそうな趣味……かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年12月にWebアンケート。有効回答数405件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]