お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

“めおと茶碗”効果! 夫が幸せを感じる「ペアグッズ」4

ファナティック

夫が幸せを感じる「妻とのおそろいアイテム」4

おそろいの物を介して心が通じ合っている夫婦は、周囲から見ていてもほほえましく、少しうらやましいと感じることもありますよね。見るたびにお互いの愛情を感じてほっこりできるおそろいグッズを、働く男性に挙げてもらいました。

■食事のたびに感じる幸せ

・「マグカップ。まったく同じものなのでどちらがどちらを使っても大丈夫。けんかにもならず、おそろいで楽しい」(34歳/建設・土木/技術職)

・「お箸。友達夫婦が結婚のお祝いとして、もらったもの。もらったもの以外のお箸はなぜか色あせてしまい、捨てているが、このお箸は色あせない。ずっと大事にしたいと思うもの」(37歳/情報・IT/技術職)

夫婦一緒の食卓は、円満な夫婦生活に欠かせないもの。そのときに使うお箸やカップがおそろいであればなおさら、一緒に食事を楽しめる幸せを実感できそうですね。

■鮮やかによみがえる旅の思い出

・「旅行先で、自分たちで作った茶わん。旅行を思い出すし、この世に1つずつしかないオリジナルなデザインにほっこりする」(33歳/その他/経営・コンサルタント系)

・「新婚旅行先で買ったキーホルダーを2人とも普段から使っている」(38歳/商社・卸/営業職)

2人で行った旅先で買ってきたものは、見るだけで旅の思い出がよみがえりますよね。非日常的な旅を楽しんだときのことを思い出せば、これらも楽しい思い出をたくさん作ろうという気持ちになれそうです。

■2人で同じときを刻む

・「ペアデザインの時計。結婚したとき買ったものだから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ペアの時計。お互いにつけているのを確認するだけで安心する」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ときを刻む時計はやはり特別なもの。2人の時間を見守るお守りのような存在感がありますよね。二度と戻ってこない時間だからこそ、その瞬間を大切にしていきたいですね。

■2人をつなぐ夫婦の証し

・「結婚指輪。気持ちが通じている気がするので」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「やはり結婚指輪です。お互いにしているのを見ると夫婦なんだと実感します」(36歳/その他/事務系専門職)

夫婦のおそろいと言えばやっぱり指輪ですよね。離れている時間も、相手の存在を感じることができ、ほっこりすると同時に身が引き締まるという意見も。仕事がつらくても指輪を見れば家族のためにがんばれそうですね。

■まとめ

ペアルックまではいかなくても、ポイントでおそろいのものを持っていると、2人のつながりをいつでも実感することができますよね。何気なく使っているおそろいグッズが心の支えになってくれることもあるかもしれません。個性尊重派の人も、何か一つ彼とおそろいの物を持ってみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月9日~8月12日
調査人数:400人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]