お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

はぁ、それ本気で言ってんの!? 不倫中の女友だちが言い放った迷言5つ!

大切な女友だちには幸せになってほしいもの。不倫なんてわざわざイバラの道を進むようなところへ行かないで、普通の恋愛をしたらいいのに……と思ってしまいますが、そう簡単には行かないのが乙女心。実際、不倫をしている間はまわりが見えなくなっているような人がほとんどです。今回は、そんな不倫していた女_友だちが言い放った迷言について、どんな言葉だったのか、またどんな話の流れで出てきた発言なのか、具体的に聞いてみました。

■不倫でも幸せ

・「『不倫でも幸せ』。不倫でどこがどう幸せなのか私には理解できない」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「不倫はだめだよと言うと、『私が幸せならいいでしょ』という返答だった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「『結婚できなくても幸せだからいい』。不倫を続けてもあんまりいいことないのでは? と話していたときに出てきた発言」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

不倫していた女友だちが言い放った「不倫でも幸せ」。日陰の存在のどこが幸せなのか……これは迷言ですね。本当に幸せだと思っているのか、自分に言い聞かせているのか……どちらかと言えば後者のような気もしますが、そのときは良くても長くなればなるだけ、後々後悔することになりそうです。

■好きになったんだから仕方ない

・「『好きになったんだからしょうがなくない?』。友人と食事に行った際に、恋愛トークの中で」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「『好きなんだから仕方ないでしょ』。もっといい人がいるとやめることを勧めたとき」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「不倫していると聞いてよくないよと諭したときに、『好きになったのだからしょうがない』と言っていた」(26歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

不倫していた女友だちの「好きになったんだから仕方ない」という発言。わざわざ結婚している人を好きになって不倫をするなんて、自分本位もいいところです。たとえばもし自分が結婚して、夫が浮気したときに、浮気相手にもそう思えるんでしょうか?

■奥さんとは別れるって言ってる

・「『奥さんと別れてくれるって言ってる』。よく聞くセリフだが、それが友だちの口から発せられるとは思わなかったので、衝撃を受けた」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「『奥さんと離婚するって言ってたし』。止めたほうがいいと諭したときに」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「『奥さんとは別れるって言ってるし』みたいな、彼と結ばれる希望を持ってる発言。『奥さんはどうするの?』と聞いたときに出てきた」(28歳/建設・土木/技術職)

「奥さんとは別れるって言ってる」。こちらもありがちな迷言ですね……。不倫男は往々にして「妻とはいずれ別れる」というものです。それを信じて一緒にいるのだろうけど、冷静に考えて、本当に好きで結婚したければ今すぐにでも別れてくると思いませんか?

■彼とはわかり合ってる

・「『彼とはわかり合っている』。止めてもまったく聞く耳を持たなくて、暴走していた」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「『彼は大丈夫』。奥さんと別れると言っておきながら時間が経っていたので、『信じていいの?』と聞いたときの返事」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「不倫相手とののろけ話をする友だちに、話を聞いていた子が「まあ、よくある遊ばれて終わりにならないといいけど」と言ったことに対して、『彼はちがう。私にはわかる』の一言」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

不倫していた女友だちの迷言、「彼とはわかり合っている」。こうなってくると、もうまわりの意見は聞こえません。どんなに止めても、やめたほうがいいと忠告しても、一向に耳には入りませんね。不倫に溺れてしまった人には何を言っても届きません。

■その他

・「奥さんがいる男性に手を出すのはどうかと思う、って意見したら、『不倫だけど、これは真実の愛だから』と言われ、頭が沸いているとしか思えなかった」(32歳/自動車関連/技術職)
・「『運命の恋な気がする』。女子会のときに、既婚者でも奪うと言っていて怖かった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「『不倫が悪いんじゃなく、結婚という縛り一夫多妻制がそもそもおかしい』。自分を正当化しようと発した言葉に驚いた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「このまま付き合ってても……とたしなめたら、『別に今はこのままでいいの。来世は絶対結婚してくれるって言ってた』と返され、もうそれ以上何も言えなかった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

悪いことをしている人に限って、自分を正当化してしまうものです。本人もどこかひけめがあるからこそ、「真実の愛」「運命の恋」だとかにすがったり、まわりのせいにしてしまうのでしょう。こういう場合も、何を言っても聞いてくれない状態ですね。

■まとめ

思わずあぜんとしてしまうようなセリフのオンパレード。夢中になってしまっている間は外の声も聞こえないかもしれません。けれど、きちんと順を踏んで正しいお付き合いを進め、やめさせるのが正しい友だちです。

(エンドウリョウコ)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数130件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]