お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ほれてまうやろ~! 「男前な女性」のエピソード8選

ファナティック

女性の社会進出が進むにつれて、清楚でおしとやかであることが女性の絶対的な価値だと考える人も少なくなってきています。加えて草食系男子が増えている昨今は、男以上の男前ぶりを発揮して周囲から羨望のまなざしを向けられている女性がいることも事実です。社会人の女性に、同性から見てもかっこいい男前な女性のエピソードを教えてもらいました。

■頼りになる「兄貴分」的女性

・「仕事で落ち込んでいたときにオールで飲みに付き合ってくれた」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「仕事でしっかり責任を取るサバサバ系の女上司」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

仕事をする上で、兄貴分がいるととても心強いですよね。ですがそれは必ずしも男性でなければいけないわけではありません。女性であることに甘えず、常に矢面に立って部下を守れる女性は、多くの人からの信頼を得ることでしょう。

■媚びない女とはまさにこのこと

・「曲がった事が嫌いで上司にもはっきり意見する」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「職場で悪口を言い合うお局に、一喝した女性社員がいて、とてもかっこよかった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

自分よりも強い立場の人に媚びを売って自分の評価を上げる女性がいる一方で、媚びない女を貫いている人もいます。そのまっすぐな姿勢に感銘を受ける人は少なくないはずです。

■か弱いなんて言わせない

・「家が農家で、力仕事をいとわない幼なじみ。荷物満載・100kgの台車を1人で押している姿には同性ながら惚れてしまった」(30歳/その他/その他)

・「ゴキブリをティッシュペーパーのみで捕まえに行く会社の元先輩。強面の上司の方が『いや~』って乙女になっていたのに」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

力仕事や虫退治は男の仕事なんて言っていたら、男性がいない場ではそれができないことになってしまいます。彼女たちがいれば、わざわざ男を呼んでくるよりも手っ取り早く物事を進められそうですね。

■達観した恋愛観に脱帽

・「『男は好きに遊ばせておけばいいんだって! そのほうがいい仕事してくるから!』という既婚女性」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

・「私が養うから、別にどんな男性でも良いとか」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

家庭を顧みないことに対する不満や、給料が安いことに対する文句など言わず、それさえもポジティブに捉える精神力の強さには脱帽してしまいますね。男性を追い込まずに成果を出させるのは男前女性だからこそできることかもしれません。

■まとめ

こんな女性が身近にいたら、思わず惚れ惚れしてしまいそうですね。このような女性を見ていると、「女だから」という理由が通用する場面はあまりないようにも思えてきます。自分の性別を意識しすぎないことが男前女性に近づく秘訣かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数127件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]