お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ちゃんと読んでね? 彼に読んでほしい「女子の取扱い説明書」4カ条

ファナティック

男性と女性とでは体の作りも考え方も、まったく異なるものですよね。相手がどんなことを考えているのかわからず、ついケンカになってしまうこともしばしば。そこで今回は、働く女性のみなさんに「女性の取り扱い説明書」があるとすれば、どんなことを記載してみたいか聞いてみました。

■生理のときはそっとしておいて

・「生理のときには何があってもそうっとしておいて。自分でコントロールできない面も多いから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「生理の前後はあまり近づかないように」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「生理中はイライラするので気をつけること。男性にはわからないことだと思うから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

生理中のイライラは、男性にはわからないものですよね。本人でさえ、なかなかコントロールできないことも多いですから、やはりそっとしておいてくれるのがいいですよね。しつこくされると、彼に八つ当たりしてしまうこともありそうです。

■機嫌が悪くても放っとかないで

・「機嫌が悪いときに放っておくと逆効果だということ。女性は、そういうものだから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「不機嫌になったときはやさしくしてほしい。わがままだけどそうだから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「不機嫌になってもかまってください」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

女性は何かと気持ちが不安定になることも多いかもしれませんね。イライラして機嫌が悪くなることも。だからといって放って置かれると、余計に機嫌が悪くなることもあるようです。女子心は難しいですよね。

■気分屋さんです

・「気分屋なのでわかってほしい」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「気分屋さんです。急に機嫌悪くなったりします。おなかが減ると機嫌悪い」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「気分の起伏は激しいが気にしないこと」(29歳/医療・福祉/専門職)

女性はそのときどきで気分が変わってしまうことも。だからと言って、そのことに対して深く追求せず、あまり気にしないでいてほしいものですよね。

■やさしくしてね

・「やさしくされないと嫌いになる」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「やさしくすること、気を使うこと」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「やさしくすること」(23歳/その他/その他)

男性にやさしくしてもらって、悪い気持ちになる女性はいないはず。どんなときもやさしく寄り添ってもらえれば、いつだって幸せな気持ちでいられますよね。

<まとめ>

女性の複雑な気持ちを、男性に理解してもらうのはなかなか難しいかもしれませんね。女性のトリセツがあれば、複雑な女心をわかってもらえるので、カップルがケンカする機会もグッと減るのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月14日~2016年7月20日
調査人数:113人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]