お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

女性が結婚後に住みたい街5選

ファナティック

結婚とともに、新生活がスタート! 現実には、「職場に近い場所」や「両家の実家に近い場所」など、生活する場所がある程度決まっていることもあるかと思います。しかし、もしもそうした縛りが存在しないとしたら……あなたはどの街で生活したいと思いますか? 女性たちの意見を紹介します。

■超都会

・「千代田区、中央区、港区のどれか。江東区出身だが、超都心にあこがれるから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「都会で華やかな街。家族で一緒に出かけたりしたいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

通勤にもショッピングにも、圧倒的に便利なのが超都会です。生活コストは高めになりますが、時間の節約にはつながりそう! 共働きでバリバリ働く夫婦にはピッタリの環境です。

■オシャレタウン

・「世田谷区。住宅街だし、オシャレなお店やレストランがたくさんあるから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「吉祥寺。都心にもアクセスが近く、週末は駅前での買い物に便利なので。井の頭公園と動物園もあって、東京の真ん中にいながら自然を感じられるから」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

イマドキのオシャレ夫婦や若いママに人気なのが、自然と都会がほどよく共存しているオシャレな街です。時代に応じて流行がありますが、人気の街は家賃もお高め! しっかりと貯蓄しておくと、夢に近づけるかもしれません。

■郊外で

・「都心へのアクセスがよい、物価が安めの治安のいい街。都心から離れたくはないが、生活しやすい街がいいから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「都心の郊外。緑が多かったり、環境がよく、家賃も安く、都心に近いので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

上とはちがい、あえて郊外を求める意見です。夫婦二人なら都会がよくても、子どもが生まれるとちょっと都合が変わるもの。利便性の中にも、子育てしやすい環境が整っているのは、郊外のほうだと言えそうです。

■田舎

・「車がたくさん走っていないような静かなところ。うるさいところは苦手なので」(33歳/不動産/専門職)

・「地方の県庁所在地の、少し外れ。そのほうが静かで、田んぼにかこまれて、地元の野菜がたくさん買えそうだから」(28歳/建設・土木/技術職)

郊外よりもさらに自然豊かに! ずばり「田舎」を求める意見もありました。車通りも少なく、人口密集度も低ければ、なにかと快適に暮らせるものです。夫婦でのびのび、家庭菜園なども楽しめるでしょう。

■大好きなあの街

・「浦安。ディズニーが大好きだから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「京都の宇治市。歴史ある街で情緒が感じられていいなと思うから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

自分なりのこだわりから、生活する街を選びたい! という意見も目立ちました。お気に入りの空間の中で暮らせたら、きっと毎日充実するはず。あなたならどこを選びたいか、彼氏と一緒に盛り上がるのもアリですね。

■まとめ

みなさんそれぞれ、「理想の生活」を思い描き、住みたいと思う街についても思いを巡らせているようです。結婚して新生活をスタートさせる時期は、二人の暮らし方を見つめ直すチャンスでもあります。ぜひ二人で、アレコレと話し合ってみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月15日~7月20日
調査人数:105人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]