お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

一生ついていきます!! 男性が思う「ステキな上司」9

ファナティック

世の中には、「ステキな上司」と「残念な上司」が存在しています。上司との関係に悩む方にとっては、非常に切実な問題ですよね。上司に恵まれないと、「世の中にステキな上司なんているのか」など、ネガティブな考えにとらわれてしまうことも……。いるところにはいる!? 働く男性たちに、「みんなの周囲のステキな上司」に関するエピソードを聞きました。

■俺のミスなのに……

・「自分がミスをしても責任をとってくれたこと」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「部下がミスをした場合、それをそう思うように指導したのは自分であると、ミスをカバー」(34歳/その他/販売職・サービス系)

非常に目立ったのが、こんな意見です。誰にだってミスは付き物。それを「自分の監督不足だから」と、守ってくれる上司はかなりステキです! 上司のためにも、「今後は絶対に同じミスをしない!」と、心に誓う瞬間だと言えるでしょう。

■コミュ力の高さ

・「初めての土地で何もわからないときに、その仕事場の雰囲気に慣れてもらうために上司がご飯に連れていってくれた」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「誕生日に職員に鉢植えをプレゼントしてくれる。直接は言わずにメッセージカードが添えてある。粋だと思った」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

適切なタイミングに、適切な方法でコミュニケーションがとれる上司は、ステキな存在! ちょっとした贈り物やおごりも、上司ならではの気遣いなのでしょう。アレコレ相談しやすくなりそうですね。

■愛ある叱責

・「厳しい上司だが、人情味あふれる人だった」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「部下のミスを叱りながらも、懸命にサポートしていた」(32歳/印刷・紙パルプ/営業職)

・「早く仕事をこなそうと、焦ってばかりいて、ミスが続いたときに、『雑な仕事をしてもだれも喜ばないぞ』と上司に言われた言葉が、私の心に響き、多少遅くても確認を怠らないで作業を続けたら、ミスが無くなった事があった」(34歳/建設・土木/技術職)

愛が伝わる叱責であれば、部下は上司を嫌うどころか、むしろ尊敬するようですね。ポイントは、責任を部下だけに押し付けないこと。そして厳しい言葉の中にも、きちんとしたフォローがあることです。

■気配り

・「体調が悪そうな様子を見ていた上司が、帰り際に高いドリンク剤をわざわざ買ってきてくれた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「下のものに気を配ってくれるのは凄くいいと思った。有給が余っていないか聞いてくれたり、余っていたら休みをくれたり」(34歳/医療・福祉/専門職)

職場の中で、損な役回りばかりを押し付けられたり、ついがんばりすぎたりしてしまう人はいませんか? こんな上司がいてくれれば、不公平感はかなり減るはず! 職場全体の雰囲気も良くなりそうですね。

■まとめ

部下を大切にしてくれる上司の下で働けたら、それは非常にラッキーなこと! 今現在「残念な上司」に悩んでいる方も、諦めずにがんばることで、いつかこんなステキな上司に出会えるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数201件(25~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]