お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

全然よさがわかんねぇっ! 実は男性が「ドン引きしてるメイク」4選

ファナティック

ファッションと同じく、メイクにもその年の流行があります。一時期「囲み目メイク」や「おフェロメイク」などが流行りましたよね。女性としてはきれいに見せたくてやっているメイクでも、男性からするとドン引きしてしまうことがあるようです。具体的にどんなメイクにドン引きしたのか、社会人男性のみなさんに教えてもらいました。

■アイシャドウやアイラインが濃すぎて怖い!

・「下まぶたに濃すぎるアイライン。気持ち悪いので」(39歳/その他/クリエイティブ職)

・「目のまわりを黒くするメイク。目が大きく見えるらしいが、見た目が怖い」(33歳/情報・IT/技術職)

・「紫のアイシャドウをびっしりつけている。その女性の雰囲気にまったくマッチしていなかった」(36歳/学校・教育関連/その他)

目力を上げるべく、アイラインを下瞼に引いたり囲み目メイクをしたりするのは、男性からは不評のようです。アイシャドウも、あまりにも色が派手だと引いてしまうのかもしれませんね。目元のメイクはほどほどにしておいたほうがいいのかもしれません。

■真っ赤な口紅はホラー!?

・「口紅が真っ赤すぎ。あれはかわいくない」(32歳/その他/事務系専門職)

・「顔が真っ白で唇が真っ赤なメイク。ホラー。見た目が怖い」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「真っ赤な口紅をしていて、それ自体はいいのだが、まったく似合っていない様を見たとき」(39歳/情報・IT/技術職)

一時期流行った真っ赤な口紅ですが「かわいくない」「ホラー」など、散々な言われよう。流行りに惑わされず、自分にそのメイクが似合うかどうかを考えるのが、大事なポイントですよね。

■チークが濃すぎてバカボンみたい!

・「チークの厚塗り。バカボンみたいになってたので」(33歳/その他/営業職)

・「チークがやたら濃い人。バカみたいに見える」(30歳/情報・IT/その他)

・「最近流行ったほろ酔いメイクみたいな赤いチークを目の下に入れたやつは変」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

濃い目のチークを入れるメイクは、やりすぎると「バカボン」みたいに見えてしまうようです。チークは入れすぎず、肌にふわっと乗せるくらいがいいのかもしれませんね。

■まつ毛を強調するのが不自然!

・「いかにもなつけまつ毛にはちょっと引いてしまう」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「まつ毛を極端に伸ばすマスカラ。まばたきすると目の下に跡が残っていた」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「まつ毛を目立たせるようにしていることがわかるが、束になっていて不自然さしかない」(27歳/電機/技術職)

アイシャドウやアイラインと同じく、目力アップには欠かせないまつ毛も、不自然に盛りすぎるのは引かれてしまう要因に。つけまつ毛だけではなく、マスカラのつけ過ぎにも注意したほうがよさそうですね。

<まとめ>

男性がドン引きした女子のメイクについて、具体的な意見がさまざま集まりました。共通しているのは「濃すぎる、盛りすぎる」ということのようです。女性にとってメイクは楽しいものですが、がんばりすぎると逆効果になってしまうことも。男性はナチュラルメイクが好きなようなので、塗りすぎや盛りすぎには注意してメイクを楽しみましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月21日~2016年7月23日
調査人数:393人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]