お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ドライブデートで「女ウケが悪い」BGM5

フォルサ

彼女がドン引きしたドライブ中のBGM

2人っきりでドライブデート。車の中の雰囲気一つで、その先の恋の行方や関係も大きく変わってしまいそうな予感さえします。ところが、「これはないでしょ」と言いたくなるBGMが流れてきたら? 流れる曲で彼のセンスを悟ってしまったドライブにまつわる黒歴史をリサーチしました。

■とにかく知らない

・「聞いたことがない洋楽ばかりでひいた」(女性/27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「昔のなつかしソングばかり。年代が上だったのでよくわからなかった。」(女性/34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など)

・「アニソン祭り。全然わかんねえ。。」(女性/28歳/商社・卸/技術職(SE・プログラマー・システム))

・「まったく知らないインディーズバンドの曲」(女性/27歳/情報・IT/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

彼女に自分を知ってほしいと思ったからか、はたまた彼がただ好きだって理由なのか。計算してその曲選であれば女性は引いてしまいそう。車で移動する間、まったく知らない歌がエンドレスで流れるのはじゅうぶんなストレス要素です。

■はやりの歌攻め

・「西野カナでばりばり恋愛の曲をかけてきたこと。」(24歳/建設・土木/技術職(設計・エンジニア)

・「AKB。嫌いじゃないけどAKBか~もっと洋楽とかかっこいいのながれててほしかったな」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「エグザエル系をずっと、。おりたくなった。」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「アイドルグループは辞めてほしい。音が漏れるのも恥ずかしいし、なんか嫌。」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

流行の曲はちょっと……と思わせる歌手は、AKBがダントツでした。ついでエグザイル・西野カナです。普段聴くのはいいけれど、とっておきのドライブデートはちょっとちがう雰囲気のセレクトを望んでしまいますよね。

■センス理解不能

・「なぜかちびまるこちゃんのテーマソング」(31歳/金融・証券/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など)

・「野球のテーマ曲や三味線が流れていたこと。」(32歳/金融・証券/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等)

・「浪速のエリッククラプトンこと柳ジョージの歌ばかり流れていた時。とにかくうなってばかりの歌なので聞いててウザったかった。」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「いろんな大学の校歌。すごくいい曲なんだよって言われたがよくわからなかった。」(32歳/建設・土木/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など)

きっと彼はその歌が大好きなんでしょうが、それを彼女も好きなはずというのは、行き過ぎた勘違いだということをわかってほしいですね。趣味嗜好の押し売りかとも思えるキワなBGMもありました。

■聞き続けるのがつらい

・「眠くなるようなクラシック音楽ばかりのBGM」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「イケイケな音楽ばっかりだといや」(25歳/生保・損保/営業職)

・「ガンガンのロック、聞きなれていないので聞いてるだけで疲れるので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など)

始めは「ちょっと趣味がちがうかな」という感覚も、ずーっとそれが続くとウンザリに変わってしまうようです。アップテンポやスローバラードなど、いろんな曲調の歌があると、バラエティーに富んで聞きやすいですし、会話のネタとしても広がりそうです。

■まとめ

全体的に、彼の好みを延々流す選曲にウンザリ! という意見に共通していたようです。彼女がBGMを決めたという意見もありましたが、彼の好みを披露するのではなくて、彼女の好みを考えつつ、曲のパターンもたくさんあったほうがうれしいですね。2人きりの空間を、甘くラブラブに演出するためのBGMをおねだりするのもいいでしょう。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月19日~7月24日
調査人数:121人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/竹林みか)

お役立ち情報[PR]