お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

理解不可能!「なんでそんなに○○がかかるの?」彼氏の生活習慣で引いたこと・5選

ファナティック

女性と男性とでは、お金に関する価値観は若干、ちがいがあるかもしれませんね。どうしてそんなところにお金を使うの?と女性からすると、不思議に思えてしまうこともあるもの。今回はそんな彼氏のお金や時間の使い方などに関する生活習慣で、どうしても理解できないことについて、社会人女性のみなさんに本音を語っていただきました。

■飲み代がかかる

・「飲み代になぜそんなお金がかかるのか。『1日に3万使った』と聞いて引いた」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「飲み代に毎月かなりの金額を使っている。それほど高給取りじゃないのに、人におごっていることに理解ができない」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「飲み代がやたらかかる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性が飲み会をすることはあっても、男性ほどお金を使うことはないかもしれませんね。付き合いなのか、自分が好きで行っているのかがわからないものですよね。

■食費がかかる

・「食費がとてもかかる彼がいた。聞いたら『夕食は定食を食べた後、別の店でちゃんぽんを食べる』というようなことをしていて、夕食代が2倍かかるらしい」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「外食費。『月に7万使っている』と言っていた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「食費にお金を使いすぎること」(23歳/その他/その他)

女性より食事を多く食べる男性も多いものですが、自炊ができない男性も多いため、食費に関する感覚が、女性とは異なるのかもしれませんね。無駄遣いとまではいかなくとも、せめて月にかかっている食費ぐらいは把握してほしいものです。

■趣味にお金がかかる

・「バージョンちがいのフィギュアをいくつも買うこと」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「趣味にお金かけすぎ」(23歳/建設・土木/技術職)

・「車の改造。普通でいいのに、お金も時間も手間もかかっている」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

趣味にお金は惜しまないという男性も多いかもしれませんね。周りから見ると、理解できないものでも、湯水のようにお金を使うこともありますものね。

■支度に時間がかかる

・「朝の準備に時間がかかる。私より長いってどういうこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「メイクするわけでもないのに支度に時間がかかる」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「デートの前は絶対シャワーを浴び、いつも待たされてしまいます。私のためにシャワーをしてくれるのはうれしいけど、待たせ過ぎといつも思います。時間がもったいない」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

一般的には支度に時間がかかるのは女性だと言われるものですが、中には彼氏の支度に待たされている女性もいるようですね。自分より長く支度をされると、一体何をしているのか気になってしまいますよね。

■お風呂が長い

・「お風呂が異常に長い。一体どこをどうやって洗ってたら女子以上に時間がかかるのか?? 不思議で仕方がない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「湯船にお湯をためて入っている訳でもないのに、お風呂が異常に長すぎる。彼の入浴後に合わせてビールを冷やしたり、食事を作るので、長すぎて毎回イライラしてしまう」(34歳/情報・IT/専門職)

男性でも長風呂を楽しむというように、彼のお風呂タイムの長さに、疑問を抱いている女性もいるようです。

■まとめ

彼氏のお金や時間の使い方などに関する生活習慣で、どうしても理解できないことについて、さまざまなエピソードが寄せられました。どんなことにせよ、あまりやり過ぎてしまうのはよくありませんよね。最初にそんな彼氏の生活習慣が発覚してしまうと、結婚どころか付き合うのも難しくなってしまいそう……。何ごともほどほどにしておくよう、彼に気を付けてほしいものですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月24日~7月19日
調査人数:133人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]