お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私と結婚したかったら協力して!! 両親が彼氏をよく思ってない時の対策方法4つ!

ファナティック

彼氏と結婚のことを真剣に考えるようになると、避けては通れないのが、両親への紹介ではないでしょうか。どのみち一度はあいさつに行かなくてはならないので、早めにあいさつしておいたほうが、心証は良くなりそうな気もしますものね。そこで今回は社会人女性のみなさんに、両親が恋人をあまりよく思わないとき、どのようにしているか教えていただきました。

■彼のいいところを伝える

・「相手のいい部分などを伝え続ける」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「相手のいいところをプレゼンするとともに、恋人にも改善点があれば直す直さないは別としてやんわりと伝えます」(24歳/学校・教育関連/専門職)
・「両親に彼氏のいいところなどを伝えて印象を良くする」(32歳/医療・福祉/専門職)

いきなり彼氏を紹介したとしても、両親には相手がどんな人なのか、人物像がまだ見えていないかもしれませんね。少しずつ彼のいいところを話していくと、両親の気持ちにも変化が表れるかも。

■理由を聞く

・「その理由を聞いて、誤解しているようなら説明してみる」(30歳/学校・教育関連/その他)
・「よく思わない理由を聞く。私よりは人を見る目があるし、客観的にどういう人に見えるのかを知りたい」(24歳/情報・IT/技術職)
・「何が良くないか聞く。それから、何度か両親と会わせたりする」(31歳/食品・飲料/その他)

両親が反対しているなら、無理やり認めさせるのではなく、まずどうして気にいらないか理由を聞いてみたいものですね。人生経験を積んできた上で、そういった意見になっているのでしょうから、聞いておく価値はあるかもしれませんね。

■説得する

・「がんばって説得する。彼にもがんばってもらう」(28歳/小売店/販売職・サービス系)
・「がんばって認めてもらえるようにする」(33歳/学校・教育関連/その他)
・「親に認められないと先が不安なので、なんとか説得」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

反対されたからといって、すぐにあきらめられる付き合いなら、両親に紹介したりはしませんよね。とはいえ、反対を押し切ってまで、付き合いを続けるのも考えてしまいますよね。少しずつ説得していって、認めてもらうしかありませんよね。

■会う機会を増やす

・「両親と会う機会を増やして、相手の良さを知ってもらう」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「何度かチャレンジしてあいさつに行くが、無理であればあまり会わないほうがお互いよさそう」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「とにかく会わせる回数を増やして、彼のことを認めてもらうようがんばる!」(31歳/食品・飲料/その他)

彼のことを少しずつ知ってもらうことで、両親の気持ちも変わってくるかもしれませんよね。最初は短くても良いので、少しずつ会う時間を設けていくと、彼の良い部分にも気づいてもらえるかもしれませんね。

■まとめ

自分の彼氏のことを、あまり両親によく思われていないのは、とてもつらいものですよね。彼と両親の板ばさみになってしまい、どちらの意見を聞けばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。彼の良いところや、両親の愛情の深さなどを、どちらにも伝えていくのが良いかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数178件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]