お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男子が求めてるのは? 「褒めてくれる女子」or「叱ってくれる女子」

ファナティック

ぷんすか人に叱られてイヤな気持ちになる人もいれば、それをバネに成長できる人もいますよね。褒められるというのも同じで人によって受け止め方はちがうもの。今回は、付き合う相手を選ぶとしたら「褒めてくれる女性」と「叱ってくれる女性」のどちらが自分にとってベストなのかを男性たちに聞いてみました。

Q.付き合うとしたら、次のどちらのタイプの女性のほうがいいですか?

「褒めてくれる女性」……67.8%
「叱ってくれる女性」……32.2%

7割弱の男性が彼女には褒められたいと思っているようです。では、褒めてくれる女性と付き合うたい理由についても聞いてみましょう。

■彼女には癒されたい

・「会社でも嫌味言われて、家に帰ってからも怒られたくない。気分が悪くなるから」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「叱られると反発しそうなので、褒めて伸ばしてくれるタイプの女性のほうが相性が良いと思うから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「叱られることは多くても、褒められることは少ないから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「付き合うなら楽しいほうがいいから。叱ってくれることもプラスだが、我慢が要るかと思う」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

叱られることがプラスになるというのも理解できるけれど、やはり彼女と一緒のときくらいは気楽でいたい。そう思う男性は、自分の良いところを見つけて褒めてくれる彼女に癒しを求めるようです。会社で叱られることがあっても彼女だけは褒めてくれると思えば救いになるのでしょうね。

では、叱ってくれる女性と付き合いたいという男性にもその理由を聞いてみましょう。

■信頼関係があるから叱れる

・「言うべきことは言ってくれる人のほうが信頼できる」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「叱ってくれる女の子のほうが、自分の女性に対しての短所が分かり、直さないと、と考えることができ、今後の恋愛に対してのプラスになると思うので」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「恋人同士なら遠慮のない意見が聞きたいから」(36歳/建設・土木/技術職)

人を叱るというのは、もしかしたら嫌われるかもしれないという不安との闘い。でも、恋人同士という信頼関係があればこそ、ダメなことはダメと叱ることができるはず。悪いところを指摘してくれる彼女に対しては、男性としても本音でぶつかることができるのかもしれませんね。

■自分が成長できる

・「自分のことを思って怒ってくれる人が好き」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「自分は自分に弱い人間だと思うから」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「自分を高めることができるかなと思いますね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

彼女が叱ってくれることで自分に対して甘くなりがちな状況を変えることができるという男性も。叱られて反省する、やり方を変えていくことで、自分自身を成長させていくという考え方ができる男性なら、思いやりを持って叱ってくれる女性との相性も良さそうです。

■まとめ

人を叱るにしても褒めるにしても、相手のことをきちんと見ていないとできないことですよね。どちらのタイプとの相性が良いのかは、男性の性格にもよるのかもしれませんが女性としても彼がどちらを望んでいるのか見抜くことは大事かも。褒めるときには口先だけだと思われないよう具体的に、叱るときには「あなたのためを思って」という気持ちが伝わる言葉を選ぶ。人を褒めたり叱ったりするのは、どちらもそれほど簡単なことではなさそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数90件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]