お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

くぅ~、そそる~! 女性の浴衣姿で色っぽいと思うトコロ5選

ファナティック

普段着慣れない浴衣を着ると、いつも以上に動きを制限されてしまいます。しかし不自由に感じる反面、その姿に魅力を感じている男性も多いよう。女性の浴衣姿で色っぽいと思うのはどんなところや、どんなしぐさをしたときか、男性のみなさんに聞いてみました。

■うなじ

・「髪をかき上げたときのうなじにドキドキします」(31歳/自動車関連/その他)

・「振り向いたとき。うなじから顔にかけてのラインが色っぽいから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「結わえた髪型。首の後ろが少し覗くところ」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

浴衣で髪の毛をアップしたときに出る「うなじ」や首筋のラインに魅力を感じる男性は多いよう。浴衣のときはあえてうなじを出すのが効果的なようです。

■足元

・「足元がチラッと見えているところに色っぽさを感じる」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「生足が見えそうで見えない感じが色っぽい」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「歩きにくいため小股で歩くときに見える足首」(31歳/医療・福祉/専門職)

しっかりと布で覆われた足元が、歩くたびに裾が翻ってチラ見えする、そんなチラリズムに色気を感じるという意見も多く見られました。思わず目が行ってしまうそうです。

■しなやかな動き

・「浴衣ではしなやか仕草が色っぽいと思う」(32歳/金融・証券/専門職)

・「動きが制限される分、所作がよどみなくて品を感じる」(33歳/商社・卸/営業職)

浴衣ならではのゆったりとした動作や、所作が色気があっていいという意見も。洋服のように動いてしまうのではなく、あえてしなやかな動きをすると浴衣ならではの魅力が演出できます。

■歩き方

・「足元を気にしながら、小さい歩幅で歩いているのがすごくきれいだと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「小股でゆっくり歩く。奥ゆかしい大人の色気が醸し出されているから」(36歳/建設・土木/技術職)

・「大股で歩けずに小走りな感じになるところ」(31歳/機械・精密機器/技術職)

着崩れをきにして小股でちょこちょこと歩く姿が色っぽいという意見も多数。浴衣なのに大股がに股で歩くのはNG。直線を意識して内またで半歩ずつ歩くぐらいが浴衣ではちょうどいい歩き方です。

■あおぐしぐさ

・「暑いときに胸元をパタパタしてチラッと見える胸元」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「暑いときに少し袖を振る姿。普通の服より袖口が広い分、そういった仕草が色っぽく感じるから」(34歳医薬品・化粧品/技術職)

涼し気な浴衣ですが実は着ている方はけっこう暑かったりするもの。手やうちわなどで仰ぐ姿が色っぽいという意見も多く見られました。

■まとめ

浴衣をきれいに着こなして、動いてもその状態をキープしようと思うとなかなか難しいですよね。いつもの洋服と同じ感覚で行動しては絶対に着崩れてしまいますし、せっかくの浴衣の魅力も発揮されません。それだけに浴衣のきかたや浴衣での所作がきちんとしているとより魅力的な女性を演出できます。ただ浴衣を着るのではなく、そういう部分もきちんと意識することが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数106件(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]