お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

ゲーッ最悪! 女性が嫌がる「妻の呼び方」8選 「うちの」「愚妻」ほか

ファナティック

既婚男性から家庭の愚痴を聞かされるのは、イヤな気持ちになりますよね。自分の妻のことを「鬼嫁」なんて呼んでいたら、幻滅してしまいます。今回は「既婚男性の妻の呼び方で悪印象なもの」について、女性のみなさんに聞いてみました。

■「嫁」家政婦っぽくてイヤ!

・「嫁、嫁さん。なんか家政婦っぽくて嫌」(34歳/その他/営業職)

・「嫁。なんとなく自分の所有物のような言い方なので」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「嫁。自分を棚に上げて、相手をばかにしているのかと思ってしまう」(33歳/その他/専門職)

圧倒的に多かったのが「嫁」でした。「うちの嫁がさ~」なんて言われると、イラッとしてしまう人が多いようです。せめて「嫁さん」とさん付けしてもらえると、印象が和らぐかも。

■「女房」年寄りくさいからイヤ!

・「うちの女房は年寄りくさいからいや」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「女房というと古くさくて、上の人が使う印象」(27歳/医療・福祉/その他)

・「女房は古くさい気がする。家内よりは妻と呼ばれたい」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

「女房」という呼び方も、年寄りくさいからイヤ、という意見がありました。年がかなり上の男性が使うならまだしも、若い既婚男性が使うのは少しだけ違和感がありますよね。

■「うちの」見下されているようでイヤ!

・「『うちのやつ』。見下している感じがするから」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「『うちの』。結婚しても、あなたの所有物ではない」(33歳/建設・土木/その他)

・「『うちのは~』などは嫌だ。俺の所有物感を出す話し方は悪印象」(31歳/通信/その他)

名前でもなく一般的な呼び方でもなく「うちのが~」という呼び方は、所有物みたいに思えて印象が悪いようです。女性を一段低いところに置いて見ているような気がしてしまうのかもしれませんね。

■こんなのは冗談でもイヤ!

・「相方。お前は芸人なのか!? と突っ込みたくなる」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「愚妻とか鬼嫁とか。そういう言葉は冗談でも使うべきではない」(35歳/商社・卸/事務系専門職)

・「(小指を立てて)コレ、オバさん。悪口を言われていそうだから」(30歳/情報・IT/営業職)

ほかには「相方」や「愚妻、鬼嫁」「コレ」「オバさん」などが挙げられました。どれも自分の妻のことを、大事にしていないような呼び方です。こんな呼び方だけはされたくないですよね。

■まとめ

「既婚男性の妻の呼び方で悪印象なもの」として「嫁」「女房」「うちのやつ」などがありました。既婚男性に悪気はないのかもしれませんが、聞いている方はその人の奥さんに同情してる場合もあるかも。もし結婚を考えている彼がいるなら、今から呼び方について話し合っておいたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数208件(25歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]