お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

それもダメ!? 男子ウケがよろしくない「女子のTwitterつぶやき」4選

ファナティック

スマホLINEやTwitterなどのSNSを利用している人は多いのですが、あまりにも依存しすぎていると、まわりから引かれてしまう原因になってしまうかもしれませんね。見ていないようで、しっかりチェックしている男性は意外に多いのかもしれません。そこで今回は、Twitter上でのつぶやきの内容やアイコン画像などで、女子にいい印象を持てないのはどんなことなのかを働く男性のみなさんにアドバイスしてもらいました。

■ネガティブな内容が多い

・「不満や誰かの悪口を言っている内容だと、あまりいいイメージは持たない」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「人の悪口を言う内容全般。萎える」(36歳/金融・証券/営業職)

・「批判や批評。面倒くさいので」(33歳/商社・卸/営業職)

ツイートしている内容が、あまりにもネガティブすぎると、さすがにウンザリしてしまう男性も多いようです。付き合うと、いつも悪口を聞かされそうに思えて、恋愛対象からは外してしまうのかもしれませんね。

■更新頻度が多い

・「やたらと更新しているが、レストランや自作料理ばかり系の投稿。友だちがいないのか、かまってちゃんなのか、その両方かに見えるから」(36歳/建設・土木/技術職)

・「更新頻度が一日10回以上。依存症だなと思うから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「更新が多い、自分の自慢ばかりツイートする。ちょこちょこ更新して、何の他愛もないツイートのほうが好感を持てる」(36歳/学校・教育関連/専門職)

あまりにも更新頻度が多すぎると、まわりに何をつぶやきたいのか理解されないこともありますよね。もちろん、更新頻度は個人の自由ですが、タイムラインを荒らさないようにフォロワーのことを考えてツイートするのが、Twitterのマナーではないでしょうか。

■アイコンが……

・「自分の顔をアイコンにしてる人。誰アピールだよと思う」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分の写真とかだと、人によっては、うわぁと思います」(33歳/金融・証券/営業職)

・「かわいさを引き出すために撮ったであろう全力の自撮りを使っているときなど。SNSに必死すぎているのが理解できないから」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

海外では自分の写真をアイコンに利用している人も多いようですが、日本ではそれほど浸透していないもの。自分の写真をアイコンに利用することを、あまりよく思っていない男性もいるようですね。

■自撮り写真をアップしている

・「自撮り画像ばかりアップしていると、ナルシスト臭がして印象がよくない」(36歳/情報・IT/技術職)

・「自撮り写真が多いとき」(23歳/金融・証券/営業職)

・「自撮りの写真が多いといい印象は持てない」(33歳/小売店/事務系専門職)

自撮り写真をアップすること自体は悪いことではありませんが、それを見ている人がいることは忘れないようにしたいもの。この写真を見て、見ている人がどんなふうに思うかを考えてから、アップするほうが無難かもしれませんね。

■まとめ

自己アピールが多すぎるツイートには、さすがにうんざりしてしまう男性も多いようです。芸能人でもない限り、自分の画像を期待している人は、思うより少ないかもしれませんよね。いくらTwitterとはいえ、発信が一方通行になりすぎないように、気をつけるようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数103件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]