お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「過去に○○関係を経験している」男性が彼女に言いたいけど言えないコト7つ

ファナティック

いくら愛する彼女とはいえ、あくまで育った環境が違う他人です。他人同士が付き合う以上は、自分のすべてをさらけ出せるとは限りません。今回は社会人の男性が思う、彼女に言いたいけど言えないことについて聞いてみました。

■臨時収入は全額自分のもの

・「宝くじやロト7などの高額配当金が当たったとき」(30歳/運輸・倉庫/その他)

・「競馬で万馬券を当てたけど、黙って使った」(39歳/情報・IT/技術職)

彼女に報告したら、何か高額なものをねだられてしまうかもしれない……。もしかしたら自分の好きなように使えなくなる可能性も。などと考えると、巨額の臨時収入は秘密にしておきたくなりますね。

■実家での習慣や友人のこと

・「実家とかでの妙なしきたりとか。他ではやらないがここではやる、というようなこととかだろうか」(38歳/その他/その他)

・「彼女の親や友人と合わなくても、不満は言わない」(39歳/アパレル・繊維/その他)

将来を考える2人にとって、相手の実家の問題は言いたくても言えないもっとも深刻な問題です。言えば角が立つばかりではなく、この話はなかったことに……ともなりかねません。

■彼女との「合わない」を実感する瞬間

・「一緒に生活していて、嫌だと思うことがたくさんあるが言いづらい」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

正直に「合わない」と言ってしまうと、すべてが終わるかもしれないというリスクが。それなら何も言わず、自分が我慢している方がいいと思う男性も多いようです。

■愛情を感じるからこそ言えない事実

・「仕事をしているときに励ましのメールを送ってくれるのはうれしいのですが、『お仕事終わったらメールしてね♪』と添えられてあったら、『ああまた一仕事増えた』と感じてしまうこともあるのです。本当は仕事が終わったらさっさと帰って寝たいのに」(38歳/その他/その他)

・「いわゆる不倫経験をしたこと。墓場まで持っていく」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

女性からすれば悲しいことですが、深い愛情を「重い」と感じる男性がいることも事実のようです。メールをウザがられるくらいならまだしも、ほかの女性に逃げられるなんて考えたくもありませんよね。

■まとめ

一見、幸せそうにしている男性も、彼女との関係で悩んでいることもあるよう。2人の関係に慣れてくると、つい相手の価値観を軽視して自分本位の行動に出てしまうこともありますが、それでは彼の「言いたいけど言えない」ことを増やしてしまうかもしれません。彼がもし本音で話してくれなくても、それは自分にも原因があるかもしれないと心得ておく必要がありそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数409件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]